2005年04月11日

春の宵、桜が咲くと。

春ですねぇ。
さくら、きれいですね。ほんま。
そういえば、横峯さくらさんも頑張ってはりますね。
まさにタイムリーですね。

今日は、心地よい風が吹く中、桜吹雪を浴びながらお散歩しました。
体じゅうにさくらの花びらを浴びながら歩いていると、リフレッシュされますね。
ざーっという葉の音にも癒されます。
今日の写真は、思わず携帯を取り出してパシャっと撮った一枚です。

sakura.jpg

さて、桜の季節には、春らしい音楽を聴いて心の中も桜吹雪でいっぱいにするのがいいですよね。季節限定の楽しみ方ですね。
具体的には、「桜」といえばおなじみ、河口恭吾さんの「桜」を聴きながら三色だんごをほおばったり、ケツメイシのさくらをBGMに新宿高野の桜ジュレに舌鼓を打ったり、「中田喜直 童謡の世界」に入っている「さくら横ちょう」という素敵な歌曲を聴きながら、桜餅をほおばったりするのが好きです。

特に「さくら横ちょう」は日本歌曲のコンサートで何度も聴いたことのある、よく歌われている曲ですが、最初の歌い出しから桜並木の中に自分がたたずんでいるような、そんなイメージがわく曲です。
ソプラノの歌声が、春のうららかな雰囲気の中にちょっぴり切なさを含んでいて、心を洗い流す涙を流せます。

春の宵、桜を感じてみませんか。
川べりの並木に咲く桜も美しいですが、イメージの中の桜も、果てしなく美しいです。
咲くも桜、散るもさくら。
posted by stress83 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

藍とさくら 巨人に勝利
Excerpt: 宮里藍と横峯さくらが、優勝争いで盛り上がった10日放送(テレビ東京系)のスタジオアリス女子オープン最終日の平均視聴率が、11・5%を記録した。 午後4時から放送で、同時間帯の番組占拠率は26・7..
Weblog: ザ・2番煎じ
Tracked: 2005-04-12 11:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。