2005年04月18日

私の足とプライバシーマークの不思議な関係

先週、足の裏のマメが豪快に破裂し、お医者さんに行きました。
マメが大きくなっているのはうすうすわかっていたのですが、これごときで医者にかかっちゃおれんとばかりに、医者嫌いのわたしは痛くないように歩いたりして、無駄な抵抗を繰り返していたのでした。

ガーゼを当てて、塗り薬をするという形で処置をし、また1週間後においで、というお話でした。
かなり広い範囲で皮がむけているので、足がかなり痛みました。
次の日からは、足をひきずって歩くので、普段10分で行くところを20分ほどかかってあやうく遅刻しそうになりながら、やっとのことで出勤、という状態でした。

普段歩いたり走ったりするのが当たり前だったのが、急にできなくなると、ほんとに不自由な気持ちになります。
また、人間は運動不足になると考え方が後ろ向きになり、ストレスがたまりやすくなるようです。

だいぶ具合が良くなりましたので、少し歩けるようになりました。
痛みがなくて歩けることはこんなに気分がいいもんなんやなぁと改めて思いました。

健康って、ほんまにありがたいです。元気なときには気がつかないんですね。
病気や怪我をして、初めて気がつくんですね。
情報漏えい事件が発生して、ようやくセキュリティの大切さに気づくのに何だか似ているなぁと思いました。

企業であれば、個人情報保護対策が未対策であれば、早急に行う必要があります。
しかし、大ごとになってからでないと本腰を入れたくないという経営者の方も多いのではないでしょうか。
それは、個人情報保護対策には、導入に見合った儲けが出ないからです。
では、ビジネスチャンスにする方法を考えましょう!

そのひとつとして大きな効果が期待できるのが、「プライバシーマーク」の取得です。
当社は個人情報保護については、万全の体制をしています、というアピールができます。最近では取得していない会社との取引を敬遠する動きが活発に起こっています。

ただし、プライバシーマーク取得には「個人情報保護規程」「個人情報保護細則」「個人情報保護監査規程」「外部委託情報管理規程」「情報文書管理規程」「施設入退出管理規程」といった各種帳票の作成が必要です。結構大変な作業です。これら帳票サンプルこちらを一度ご覧下さい。
プライバシーマークの申請と、それに伴う代行サービスなどは、最近申し込みが殺到しているということです。

会社の情報システムの脆弱性も、あなたのパソコンのセキュリティホールも、あなたの体も、早期発見、早期治療が大切です。
大ごとになってから騒いでも、手遅れになります。
気づいたときに、すぐに対策しましょう。

気づいたら、ひと押しして下さい。→人気blogランキング
posted by stress83 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

監査
Excerpt: 監査監査(かんさ、''audit''または''auditing'')ある事象・対象に関して、一定の規準に照らして証拠を収集し、その証拠に基づいて何らかの評価を行い、評価結果を利害関係者に伝達すること。..
Weblog: 【監査の知識】
Tracked: 2005-05-06 16:25

情報漏洩対策と人命尊重
Excerpt: 先日あるコールセンターに業務相談に伺ったときのことである。その会社はプライバシーマークを取得し情報漏洩対策もきちっと対応していると聞いていた。これなら安心である。 まずは玄関を入ると担当者を呼び..
Weblog: JAPHIC会員によるコラム
Tracked: 2005-05-22 01:20

情報漏洩対策と人命尊重
Excerpt: 先日あるコールセンターに業務相談に伺ったときのことである。その会社はプライバシーマークを取得し情報漏洩対策もきちっと対応していると聞いていた。これなら安心である。 まずは玄関を入ると担当者を呼び..
Weblog: JAPHIC会員によるコラム
Tracked: 2005-05-22 01:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。