2005年05月13日

プロジェクトX「日本一の歌」

こんばんは。
先日、放送されたプロジェクトXの再放送が、関西では早朝01:30から放送されます。
その内容は、合唱関係者を中心に今、かなりの話題を巻き起こしています。

荒れていた大阪府立淀川工業高校に赴任した高嶋先生が、歌を通して子供たちを指導し、見事に全国大会金賞を受賞するまでの足取りを紹介しています。
音楽に取り組む真摯な姿にこころを打たれます。
教育というよりも調教に近いくらいの厳しい練習を通して、目標を実現するために一生懸命取り組み、成し遂げることで得られる達成感を味わってほしいという、命がけの高嶋先生の指導が、子供たちを大きく変えたのでした。
番組の内容については、プロジェクトXホームページをご覧下さい。

さて、私は高校3年間、合唱部で歌いまくる日々を過ごしました。
NHKコンクールという夏の合唱コンクールがありまして、私たちにとっての甲子園のようなものでしたから、練習に明け暮れました。
大阪大会→近畿大会→全国大会という形になっており、それぞれの大会で金賞1校のみが次のステップに進むことができます。
まずは大阪大会を勝ち抜かないといけません。
そして、その当時大阪大会を連覇していた最大の敵が、金賞候補の淀川工業高校でした。
私たちの合言葉は、「打倒淀工」でした。

しかし、それはそれだけ淀川工業高校の合唱が素晴らしいことを認めている裏返しでもありました。高校生活の全てを捧げていると言っても過言ではない練習量。とにかく、練習にあけくれる彼らは、他の追随を許しませんでした。

私たちは結局NHKコンクールでは淀川工業に一度も勝つことができませんでしたが、最後の年は銀賞をもらい、最も肉薄した演奏という講評をいただきました。
まぁ音楽に勝ち負けというのは野暮なものかもしれませんが、やはり3年間で一度は近畿大会に出てみたい、そんな思いをずっと持ち続けていました。

そして、たくさん良い演奏を聴き、その良いところを盗む、つまり真似るということからはじめました。
そんな中、やはり私たちが一生懸命聴いたのが、淀工の演奏でした。
それも、全日本合唱コンクールで金賞に輝いた、「御誦」でした。
FMで放送されたものを録音したそのテープをくり返し聴き、あらためて淀工の演奏がいかにすごかったかをまざまざと思い知りました。
このとき、全日本コンクールに初出場で金賞受賞という快挙を成し遂げた様子が、今日の再放送でも見られると思いますが、すさまじい魂の演奏です。

なぜここまで、演奏に魂がこもるのか。
それは、どれだけ背景を知り、自分が音楽に集中できているかということだと思います。
伝え聞いた話では、淀工では、毎日12時間以上練習し、声、アンサンブルとともに、楽典の勉強やソルフェージュ、さらに曲の背景を勉強するため、関連する本を読んだり、ディスカッションをして解釈を深めたりと、ありとあらゆる手段で、自分を音楽と一体化させる訓練を積むということでした。
さすがに私たちは、そこまでとうていできませんでした。
だから勝てなかったのだと思います。

さて、この全日本金賞を獲得した、今をときめく大島ミチルさん作曲の「御誦(おらしょ)」ですが、この曲は隠れキリシタンの唱えるキリストへの祈りの言葉です。
江戸時代に禁じられていた信仰をひっそりと隠れて続けていた人々の、魂の祈りです。

昨年、私は、遠藤周作さんの女の一生〈1部〉キクの場合という本を読みました。江戸時代に隠れキリシタンの青年と一人の女性の愛と、運命に翻弄されてはかなく散る短い一生が、美しく哀しく描かれています。
この話の中に、隠れキリシタンの人々が唱えるオラショが出てきます。
表現の自由、信仰の自由がない中で、いのちの危険を顧みず、自分の信念を貫く人々の潔さ、魂の強さがこのオラショの中に込められていて、読みながら私のこころの中で、淀工のオラショが哀しく深い響きを奏でるのでした。
きっと、淀工の皆さんは、この話を読まれたか、同じくらいの深いレベルの理解をしてから演奏されていたのではないかと思います。
それが、審査員の方のこころをうったのでしょう。

高校生のとき、テープで淀工の「御誦」を聴いて、泣きました。
先日、女の一生を読みながら、泣きました。
そして、また、プロジェクトXで「御誦」を聴いて、泣きました。

こころを揺さぶる歌は、やはりどれだけこころを、魂を込められるかにかかっているのだな、と改めて思いました。
揺さぶられたこころは、なみなみとした生命力を生み出します。

たまには、男でも、涙を思い切り流して感動してもいいんやな、と思いました。
女の一生、男の一生。



いま0時25分です。
もうあと1時間ほどで再放送が始まります。もし時間の合う方は、ビデオに撮るか、オンタイムでご覧になってはいかがでしょうか。
posted by stress83 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3601328
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

NHK、「プロジェクトX」で謝罪
Excerpt: 「わざとらしい」「感動の押しつけ」などの批判はあったが、私は結構この番組が好きだったので以下の報道は残念だ。私は問題となった淀川高校の回も観ていたが、番組はなかなか感動的にできていた。「事実確認が不十..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2005-05-26 10:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。