2005年07月30日

新婚グルメ温泉ツアー 第1日(前編)

先週新婚旅行に行ってきました。

新婚旅行どこ行こう、という話になったのが5月。
早いカップルだと1年前から決めるらしいですが、のんきな私たち夫婦は挙式直前になっても「楽しみやね〜。どこいこかね〜。」などとのんびり
構えていたのでした。

ただ、前提条件はありました。
「二人とも高所恐怖症なので飛行機はダメ」

つまり、新婚旅行の定番、海外は×なのです。
せっかくなのでチャレンジしよう、という案も出たのですが、残念ながら落ち着いて旅行したい、という氣持ちを優先して、電車か車で行ける場所
に旅行することにしました。

さて、どこに行くか、ということで最終的に残ったのは2ヶ所でした。

・信州
 夏の信州で避暑。うーんすずしそう♪
 夏の暑さに弱い私たちのとっては願ったり叶ったりの場所。
 
・九州
 私たち二人とも個人的に好きな長崎を中心に、黒川温泉や湯布院、別府でのんびり温泉。
 博多で屋台に行くのもいいですな♪
 
いろいろ考えた結果、
・僕らは「食いしん坊」である。
・僕らは「温泉好き」である。
・僕らは「長崎好き」である。

3拍子そろっている九州に行くことにしました。
坂本竜馬ファンでもある私は、さらに楽しみが増えました。

ではどうやっていくか。
もちろん飛行機はダメなので、新幹線かフェリーか車。
近畿から車はしんどいので却下。
フェリーは時間がかかりすぎるので却下。
というわけで新幹線で行くことにしました。

では、具体的にどこに行くか、何を見たいかなどを二人で検討しました。
まず、今回の旅行で私たちが参考にしたおすすめの旅行サイトをたくさん調べました。

e-旅倶楽部

☆メルマガを購読すると、旅情報が送られてきます。

温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』

☆グレードも一級の旅館がたくさんラインナップされているので、比較的ええとこが見つかります。

泊まる値段はあなたが決める!宿泊オークション「楽天トラベル(旅の窓口)」

☆最近流行ですね。旅行オークション。

それから、るるぶBookWebでガイドブックも買いました。


最終的に、4泊5日の日程で博多からぐるっと北九州を回ることにしました。

新大阪→博多→長崎→黒川温泉→別府温泉→博多→新大阪というルートです。


いろいろと情報を集めてみましたが、往復の旅費込みで宿泊費が安くなるプランがあるということなので、旅行会社に行って相談することにしました。
近くのJTBトラベランドへテクテクと二人で向かいました。

九州に新婚旅行に行きたいんです、と相談しました。

「新婚旅行です」と行っておくことは結構重要です。

旅行に行ったとき、新婚旅行特典として、グレードの高い部屋にしてくれたり、プレゼントをもらえたりします。
数年前に行った、1回目の新婚旅行で得たノウハウです(笑)

行きたいところとしたいことを告げました。

博多:屋台めぐりがしたい。博多ラーメン食べたい。
長崎:グラバー園や大浦天主堂などの市内観光がしたい。ちゃんぽん&皿うどん食べたい。
黒川:温泉つかりたい。途中で阿蘇や菊池渓谷に行きたい。
別府:温泉つかりたい。地獄めぐりしたい。

そんなこんなで行程と宿泊地が決まりました。
1日目:新幹線で博多へ行き、中洲川端駅そばの「博多エクセルホテル東急」へ1泊。
    博多ラーメン一蘭のすぐそばです。屋台めぐりに最適。とてもきれいなホテルです。
2日目:博多から特急で長崎へ行き、「ホテルモントレ長崎」で1泊。
    めっちゃかわいらしいホテルです。(詳しくは2日目の旅日記をご参照)
3日目:長崎からレンタカーで黒川へ行き、「旅館わかば」へ1泊。
    黒川温泉は道が狭いんですが、黒川温泉郷の入り口そばなので安心。
    貸切風呂がとてもよかったです。
4日目:黒川からレンタカーで別府へ行き、「潮騒の宿晴海」に1泊。
    なんと各部屋に露天風呂がついてるので、湯めぐりは必要ないかも!
5日目:別府からレンタカーで博多へ戻り、乗り捨て。
    新幹線で戻る。


内容テンコ盛りです。うふうふ。
JTBさんを出るとき、結構楽しい旅行になりそうやな、という予感がしました。

そうこう言ううちに結婚式をつつがなく終え、1日目を迎えました。
新幹線に乗り、博多へ。
700系新幹線の旅は楽チンです。

博多へ昼過ぎに着きました。
まずは博多エクセルホテル東急へチェックイン。
かなりきれいなホテルで幸先の良いスタートの予感。

さぁまず腹ごしらえ!ってことで早速博多ラーメンを食べることにしました。
博多の人に「どこがおいしい?」って聞いたら、「一蘭がおいしいよ」ということだったので、これは食べとかなあかんでしょ、とばかりに一蘭へ。
なんと博多エクセルホテル東急からは歩いて3分なんです。

一蘭さんはかなり変わったシステムなんです。
店内の1席1席全てがついたてで隔てられていて、前にはのれんがかかっています。
「ラーメンを食べることに集中していただくため、できるだけ店員とも触れないシステムにしました。」との説明が書いてあります。
そして、メニューもラーメンのみです。
ただし、トッピングや麺の硬さなどは、あらかじめアンケート形式で注文するようになっています。

さっそくラーメンを注文。私たち初心者は標準の仕様でラーメンを注文し、半熟ゆでタマゴだけ追加しました。
すぐにラーメンが来ました。

いよいよ、
スープ。とんこつですがわりとあっさりしてます。うまいっす。
秘伝のタレが効いてて、めっちゃおいしいです。
麺。博多ラーメンの真髄、細めんです。すばらしいコシ。
あっという間に平らげてしまいました。

そこで替え玉。
博多ラーメンといえば替え玉です。
おいしいからと言って、1杯目のスープを飲み干さないようにするのがコツです。

念願の博多ラーメンは至極の味でした。
最高でした。あー来てよかった。二人で感激してました。

そして早速ですが新婚旅行なのでお土産を買いに行くことにしました。
博多といえば、そう、明太子。

明太子のお店は非常にたくさんあるのですが、私たちは美味しいといううわさの「ふくや」さんに行くことにしました。

試食してみてめっちゃおいしかったので、たくさんの人にお土産として送りました。
暑い中お茶は出してくれるし、店員の方の対応もとても好感が持てるものでした。

さて、晩ご飯は屋台です。
なんとJTBのツアーには「博多屋台ラーメン券」というクーポンがついています。
これで屋台ラーメン1杯がタダなのです。

後編へ続きます!
posted by stress83 at 13:51| Comment(1) | TrackBack(1) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャナルシティにも一蘭入ってましたよね!また食べたくなっちゃう不思議な味です(^^♪
Posted by hao at 2005年07月31日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5475306
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

信州ビーナスラインの中心・白樺湖のリゾートホテル
Excerpt: 信州ビーナスライン中心・白樺湖リゾートホテル旅行について
Weblog: 格安ショップ通販
Tracked: 2005-08-07 17:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。