2005年08月17日

新婚温泉ツアー 第4日

こんにちは。
さて、新婚旅行も4日目になりました。
2人ではじめての旅行がこんなに楽しいものか、と感激にひたりつつ、はや4日目。
今日は黒川温泉からやまなみハイウェイを通って別府へ行きます。

楽しいドライブが続きます。
澄み渡る空。
美しい山々。
ブロッコリーがにょきにょきという表現がぴったりです。
途中で放牧されてる牛さんものんびりしてます。
日本にもこんないいとこがあったんですねー。

さて、おなかも減ってきたので、途中で大分名物の「だんご汁」を食べました。
ご存知ですか「だんご汁」。

ほうとうによく似た、お味噌汁に巨大なうどんがボン!と入っている料理です。
郷土料理で落ち着いた味です。
なかなかあっさりしてますが、巨大うどんがすごいので結構おなかいっぱいになります。

嫁さんは高菜めしを食べてました。
高菜めしもこの近辺の名物で、高菜チャーハンに近い雰囲気でしょうか。
ピリッとした味が利いて、おいしかったです。

さて、ドライブがてらどこか寄ってみよう、という話になり、
九重町というところにラベンダー園があるというのでいくことにしました。

その名も、「くじゅうラベンダー園」

九重町(ここのえちょう)なのに、地名は「くじゅう」なんですね。
どうでもいいですが(笑)
富良野のラベンダー園にもひけをとらない美しさ。
上沼エミコさんが言ってましたが、ラベンダーは集まるときれいなんですね。1本1本はうーむ、といった感じです。
ラベンダーのとてもよい香りがして、うっとりしてました。

さて、ぼちぼち別府へ向かいます。
道は相変わらずすいてるので、スイスイと走っていくと、あっという間に別府市へ入ってしまいました。
せっかくなので地獄めぐりをしました。
といっても、坊主地獄と海地獄の二つに行っただけですが…

坊主地獄はほんとに坊さんが泥の中から出てきそうな感じで「ボコ ボコ」と音をたてて泡が破裂していました。
めっちゃ暑い中、湯煙、地熱。
自然のちからはすごいですね。

新婚旅行で地獄を見る、というフレーズがなんともいただけない感じもしつつ、お宿へ。

今日のお宿は「潮騒の宿晴海」という、全室から海が見えるお宿です。仲居さんもすごく愛想のよい方で、とっても氣分のよいお宿です。海の幸がめっちゃおいしいですよ。
別府に住んでる友達もおすすめでした。

ここはお部屋に露天風呂がついてるというなんとも豪勢なお宿なのです。
海を見ながら部屋の露天風呂につかるのはとても氣持ちがいいもんですね。なんて贅沢なんでしょう。。。
部屋まで来ている温泉がものすごく熱いので、夕方に入れておいて、夜になって冷めてから入ることになっています。
水で薄めるとせっかくの温泉が台無しだから、ということだそうですが、本格的な温泉に感激して、夜と朝2回入ってしまいました。

「潮騒の宿晴海」最高!
別府最高!また来たいっす!
今日も楽しい1日でしたが、いよいよ明日、福岡へ戻ってから大阪への帰路につきます!

(最終日へつづく)
posted by stress83 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。