2011年10月16日

最近気になっているモップ

最近、モップが気になっています。

それも、ただのモップではなく、シャークスチームポータブルです。
近々購入しようかな、と家族と相談中です。

テレビでおなじみのショップジャパン、一度ご覧になってみてはいかが?
意外なスグレものが見つかるかも。




以前、トウルースリーパーを買いました。
うわさに違わぬ低反発マットレスで、ぐっすりでした。

今回のモップも、動画でみてると欲しくなります。
掃除が楽しくなるといいなー。
posted by stress83 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

魚油に視力回復・失明防止効果がある!?

こんにちは。Stress83です。
視力の悪い私にとっては、とても興味深い研究成果です。



posted by stress83 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

先手必勝。

先手必勝やなぁと最近思います。

・実現しようと思ってあたためていたアイデアを先にやられた。
・相談しよう、どうしよう、と思っていたら先にその件で相談された。
・前もって根回ししておこうと思ったら、他の人に先を越されて根回しできなくなった。

いろいろありますが、どれも紙一重で大きな結果の差が出ます。
ほんともったいないです。

先手必勝になるには、

・常にアイデアを考えておく(頭の片隅でとろ火をかけて熟成させる)
・常に先々の懸案事項をリストアップしておく
・迷ったらまずやってみる

などなどの行動が効果的だと思います。

せっかくやる気になっていたのに、人から「あれしなさい」といわれてしまうと、ストレスになってしまいますよね。

実は先手必勝、ストレスを作らないための重要な行動規範だったりします。

今日、ある人から相談されて、「あぁ先に相談するつもりだったのに」という思いをしたので、呼んでくださったあなたにシェアします。

先手必勝、です。
posted by stress83 at 18:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

最近握手したすごいひとたち

最近、すごいひとと握手する機会がありました。

まず、ジェームススキナーさん。
握手しましたが、大きな手でした(笑)
愛があふれているという感じがしました。
私の弟はパンフレットにサインをしてもらってました。
普通は本を買ってサインしてもらうんですが、頼んでみたらしてくれたそうです。
「なんでもチャレンジしてみるもんやね」といってめちゃめちゃ喜んでました。
あんなうれしそうな弟の顔を見たのも久しぶりです。

ほんとに「成功の9ステップ京都講演」ではシアワセな時間をすごしました。
あれから、「愛の億万長者」ということばは私の考え方の礎になっています。
プラスの心の億万長者、やさしさの億万長者、と言い換えるとより実感があります。
嫌なことがあったら、この言葉を思い出して、自分は与え続ける人間として生を受けたのだ、ということを再度確認しています。
すると、自分のミッションといいますか、存在意義がはっきりして、非常に生きる力が湧いてくるのです。

このジェームスさんが来週27日の「たけしのTVタックル」に出演されるそうです。
早く帰ってみなければ(笑)
ジェームスを知る方も、知らない方も、ぜひ見てみてください。
知らない方は、「成功の9ステップ」を月曜日までに読んでみてください。まぁ面白いから(笑)


ふたりめ。神王リョウさん。
私より若いけど、私のWebの師、考え方の師、ビジネスの師、カラオケの師(笑)、心の師です。
多彩な顔を持つ、幸せなお金持ちです。
私がブログをはじめたきっかけも、リョウさんが与えてくれました。
そのきっかけは、リョウさんが学長をされている「ir大学」です。
「ir大学 〜 夢を生きる、幸せなお金持ちへの旅」

私はこの大学で学ぶことによって、さまざまなきっかけを得て、ちいさな行動を起こしていますが、よい変化が現れ続けています。人生が好転している実感があります。

先日、カラオケでリョウさんとYahYahYahを一緒に歌わせてもらいました。
めっちゃ楽しかったです。あんな大騒ぎしたのは久々でした。
・・・などという小学生の日記っぽくなってしまいますが、ほんとに心の底から楽しい時間をすごしました。
「尊敬に年齢は関係ない」素直にそう思えるひとです。

いつか私も、ジェームスさんやリョウさんのように、握手をしたひとが「握手できた!うれしかった!」と思ってもらえるような、何かしらの価値やきっかけを与えることのできる人間になりたいと思います。

得ることよりも与えることに集中する。
これは、ストレスマネジメントの大原則かもしれません。
posted by stress83 at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

二子山親方のご冥福をお祈りします。

二子山親方が昨日亡くなられました。
今日も、二子山親方を偲ぶニュースを見ていまして、思わず手を合わせておりました。

体が小さくても、コツコツやれば、大きな力士を倒せるというのを実行した二子山親方は、やはり偉大な力士だと思います。

あきらめないこと。
心が体を動かすということを、実証して見せた、偉人だと思います。
自分が人より劣ると感じる部分があっても、コツコツやれば、親方のように記憶に残る人間になれるのかもしれない、という希望を持ちました。

残念なことに、亡くなられてから、その方の素晴らしさを知ることが多いです。
少しでもその方に対する思いがあれば、ご存命のうちに、何か行動を起こさないと、あっという間に、間に合わなくなってしまうのだな、と思いました。

集団自殺も増えているようです。本当に悲しく、もったいないことです。
命あって、すべてが始まります。
現在感謝、いま、自分が在ることを、心から感謝しています。
(現在感謝 ・・・ 中村天風「君に成功を贈る」より)

心より、二子山親方のご冥福を申し上げます。
posted by stress83 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は世界一の人的資源の宝庫だったはずだ!

突然ですが、日本が世界に誇れる資源って何でしょう???

さー考えて見ましょう。

正解は・・・

「人的資源」

です。

どういうことかといいますと、「高等教育を受けた人がほとんどである」ということです。
日本の識字率はほぼ100%だと言われています。
世界では、まだまだ一部の国しか達成できていない水準であることは間違いありません。

しかし、最近、この人的資源、かなり危機的状況にあるように見受けられます。

私は教員免許を持っておりまして、以前教育実習にも行きました。
専攻教科は「中学校 技術」ですので、蛍光灯のしくみについて授業しました。
ですから、教育には少なからず関心を持っています。
教育現場は今、過渡期というか、改革すべき時期に来ていると思います。

そんな教育現場に真っ向勝負!という友人がいます。
何と彼女は自分で講演をすることを実現するために、会議室を押さえて勉強会を開催してしまったという、超行動派なのです。
ときどきメールで熱い教育論をやり取りしますが、同世代にこんな先生がいてるなんて、日本の教育改革は捨てたものではないと思ってしまうほどのバイタリティです。
その溢れんばかりのエネルギーは、周りの人間をも元気にしてしまいます。
私が落ち込んだとき、元気をもらうブログはこれです。

 http://blog.livedoor.jp/actstudy/ “先生”になんてなりたくないっ! 

タイトルと私の紹介が若干矛盾している氣がしますが(笑)、一度読んでみてください。
コーチングと部活顧問と教育改革について、多忙を極めている彼女ですが、

日本の教育を変える!
こどもたちが夢を持てるように徹底サポートする!

という理念を掲げて、日々頑張っています。
毎日走り続ける彼女も、悩んだり、苦しむことも多いそうです。
彼女も、驚くほど視点が変わる「いたずらマーケティング」を読んで考え方・視点が変わったと言っています。
マーケティングという名前を冠する講座なのに、教育にまで活かせるとは・・・おそるべき「いたずらマーケティング」

人生の目標を明確にして、毎日少しずつ、1歩ずつ行動する。
このきらめく言葉の宝石のかけがえのない価値を、改めて教えてくれました。
そして、その意味を、彼女は子供たちに伝えています。

一度、読んでみて、共感したらコメントしてみてください。
教育は、今ほっとくと、大変なことになるかもしれません。
 http://blog.livedoor.jp/actstudy/ “先生”になんてなりたくないっ! 


同感!と思って頂けたら、あなたの一押し、お願いします!人気blogランキング
posted by stress83 at 00:33| Comment(1) | TrackBack(2) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

「水曜どうでしょう」楽しいですね〜

突然ですが、「水曜どうでしょう」はご存知ですか?

想像してください。

「もしよければ、今週の水曜どうでしょう?」


という何かしら期待させるお誘い、ではありません。

夕焼けの小さな港で、バックに流れるトランペットのもの悲しい音色でおなじみだった、今は久石譲さんの郷愁を誘うオープニングテーマの

「金曜ロードショー」


でもなく、川口浩の大探検スペクタクル、でも一番大変なのはカメラマン、という

「水曜スペシャル」(古すぎ)

でもござんせん。

残念ながら、甘美なお誘いでもスペシャルでもロードショーでもない、
「水曜どうでしょう」

です。

前置きが長〜くなりましたが、「水曜どうでしょう」はテレビ番組です。
この番組は水曜スペシャルや金曜ロードショーのように、ゴールデンタイムの全国ネットではありません。
北海道テレビ(HTB)制作の、北海道限定番組でした。

・・でした。そう、過去形です。
現在、近畿ではサンテレビ、KBS京都の2つのチャンネルで放送されています。
大元の「水曜どうでしょう」は番組終了してしまいましたので、その再放送である、
「どうでしょうリターンズ」(略してどうリタ)が、全国で絶賛放送中です。
(※詳しくはテレビ欄と水曜どうでしょうホームページをご参照下さい。)
今までにこんなおもろい再放送は見たことない!!

HPもかなり面白いです。ディレクターの文章が巧みで、ついつい読んでしまいます。
「よくある質問」の1つ目の質問が「FAQって何ですか?」という普通なら絶対に掲載しない質問で、さらにそれに普通にさらりと答えているのにも笑ってしまいました。

さてさて、「水曜どうでしょう」がどんな番組かというと、「旅番組」です。
企画モノの旅番組ですが、札幌から博多まで深夜バスで移動したり、1週間でアメリカ大陸を横断する(KBS京都はいまこれです)などという半ば冒険的なロケを行う番組です。

出演者は、次の面々です。(このグループを「どうでしょう班」と呼びます)
北海道が生んだスーパースターである、鈴井貴之&大泉洋!!
(「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」というDVDも出されてます。笑いのつぼは同じです)

 今をときめく 大泉 洋! (俳優歌手千と千尋の神隠しでも声優されてます)
 映画監督   鈴井 貴之!(映画監督です。現在韓国に映画留学中。)
        
ナビゲーターは安田 顕!(ハウルに声優で出られてます)
藤村ディレクターと嬉野ディレクターの2人も映りませんが声で出演しています。
(ほとんど映ってますけど)

ちなみに大泉さんは「本日のスープカレー」、鈴井さんは「銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して」という本をそれぞれ出されてます。

とにかく、めちゃくちゃ笑えます。
この面白さは、稚拙な私の表現力の域を超えているので、ここで説明するのは控えさせていただきます。
詳しくは、クイック・ジャパン (Vol.52)に詳しく書かれていますので、ご覧下さい。どうでしょう班のインタビューもあります。

旅番組、とご紹介しましたが、旅番組の枠を超えています。
面白すぎてどうしょうもないです。マニアがものすごいペースで増殖中です。
この番組、全国に私と同じようなどうでしょうファンがわんさかいまして、なぜか番組のDVDが何万枚というオーダーで売れているという驚異のフィーバーぶりなのです。
DVDがどうしてもほしいという方は、5月11日(水)〜17日(火)に阪急うめだ本店で開催される「初夏の北海道物産大会」にHTBグッズショップが出ますので、そこで購入されるか、「水曜どうでしょうDVDの買い方」をご覧下さい。
物産展は私も必ず行きます。

近畿の方向けにご案内しますと、この時間帯に放送されています。
 サンテレビ  毎週土曜日 22時〜22時30分
 KBS京都  毎週水曜日 23時〜23時30分

まぁとにかく、どうリタを見てみてください。
百聞は一見に如かず。とにかく、見える方のチャンネルで、見てみてください。
なぜ、大泉洋フィーバーなのか、ご理解いただけると思います。
あなたもきっと水曜日と土曜日が楽しみになります!
だまされたと思ってぜひ一度ご覧下さい!!
もう知ってる、という方、くどくてごめんなさい(笑)
ではでは、最後まで読んでくださったあなたに、お得なお得な無料情報を。

※「ユーコン160キロ」シリーズ全7回を無料で視聴できます!

一生どうでしょうしたい!!
posted by stress83 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(3) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

春の宵、桜が咲くと。

春ですねぇ。
さくら、きれいですね。ほんま。
そういえば、横峯さくらさんも頑張ってはりますね。
まさにタイムリーですね。

今日は、心地よい風が吹く中、桜吹雪を浴びながらお散歩しました。
体じゅうにさくらの花びらを浴びながら歩いていると、リフレッシュされますね。
ざーっという葉の音にも癒されます。
今日の写真は、思わず携帯を取り出してパシャっと撮った一枚です。

sakura.jpg

さて、桜の季節には、春らしい音楽を聴いて心の中も桜吹雪でいっぱいにするのがいいですよね。季節限定の楽しみ方ですね。
具体的には、「桜」といえばおなじみ、河口恭吾さんの「桜」を聴きながら三色だんごをほおばったり、ケツメイシのさくらをBGMに新宿高野の桜ジュレに舌鼓を打ったり、「中田喜直 童謡の世界」に入っている「さくら横ちょう」という素敵な歌曲を聴きながら、桜餅をほおばったりするのが好きです。

特に「さくら横ちょう」は日本歌曲のコンサートで何度も聴いたことのある、よく歌われている曲ですが、最初の歌い出しから桜並木の中に自分がたたずんでいるような、そんなイメージがわく曲です。
ソプラノの歌声が、春のうららかな雰囲気の中にちょっぴり切なさを含んでいて、心を洗い流す涙を流せます。

春の宵、桜を感じてみませんか。
川べりの並木に咲く桜も美しいですが、イメージの中の桜も、果てしなく美しいです。
咲くも桜、散るもさくら。
posted by stress83 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

実は携帯サイトだったんです。

最近は春の訪れといいますか、三寒四温ですね。
手がかじかんで、携帯メールが打ちづらいです。あなたはかじかむとき、どうしてますか?

さて、携帯電話は「電話」という機能より、メールやWEBといった機能の方が使用頻度が高い人が増えていますね〜。
何を隠そう、ストマネは、実は携帯WEBサイトでもあるんです。
この記事も携帯から発信しています。
ほんと便利になりました。携帯はもはや、電話というより情報端末ですよね。

携帯サイトを作ろうかな、と思う人は、ブログでまず始めるのが良いと思います。

フォトリーディングを始めてわかったことですが、アウトプットはインプットになるんです!
読書したりテレビを見たり、仕事で何か気付きを得たりしたときに、その内容をメモしたり、誰かに話すことによって理解が深まるのです。

昔から教えることは学ぶことであるといいますが、学校のテスト前に問題の出し合いをしたら、出した内容がすんなり頭に入ってきた経験はありませんか?

まさしくこれなんです。
でも、夜中や通勤時に得た知識は人に話すタイミングがありません。
そこで、携帯サイトにも対応しているブログだと、携帯から更新できて携帯で確認できるというスグレモノなので、いつでもできます。

というわけで、ブログサービスではこのシーサーはおすすめです。
しかしながら、そのことに気づいていながらもなかなか更新が遅くてすんません(涙)

☆携帯での見方
 このブログのURLを携帯にメールで送付すると見ることができます。
 http://stressmanager.seesaa.net/
 
 ※3月1日修正。なんとURL間違えてました。すみません。
posted by stress83 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

世界の救急隊

今日はすこし堅い話です。また、口調もいままでになく悪いです。
日本の外交に対してストレスがありますので、書くことで少し発散したいと思います。

国は税金を取るのなら、有効に使ってほしいと思います。
もっと言うと、税金を多く払って欲しかったら、納得いく使い方、「それなら払ってもいい」と思える使い方をして欲しいですよね。

私は最初から、自衛隊がイラクに行くことは反対でした。
自衛隊が行って戦闘に参加しないのなら、自衛隊が行く必要ないやん、と思うんです。
自衛隊は軍隊ではない、と政治家の方は言うてはりますが、目的は軍事行動ですよね。
だったら軍隊です。法律でどう言い繕っていようと、軍隊です。

「自衛隊は災害に対して訓練している」とおっしゃる方もいます。
しかし、実際に新潟地震でも、岩に埋まっている親子を助けたのは東京消防庁のハイパーレスキューの方々です。
自衛隊はヘリを出して孤立したところから助けることはできますが、レスキュー活動を訓練しているのではなく、言い方は悪いですが、人の殺し方を訓練しているはずです。
そうでなければ、何を訓練するんでしょうか。

小泉氏や政府は平然と自衛隊を送る、っていいますけど、まずあんたが戦闘服着て戦争行けや、と思います。
それでそれなりの人道支援ができたんなら、派遣を考えてやってもいいと思います。
死ぬかもしれない思いをしてから、人の命を扱うのが筋やろ。ちょろっと視察して終わりでしょ。ふざけんのにも程がある。

非戦闘地域に軍隊をやる、という全く無意味なことに対して莫大な金をつぎ込んでます。
そんな金あったら、新潟復興に使わんかい!!
ただでさえ国全体の借金が700兆円を超えてるという、ほんまにわけわからんくらいの超借金国家なのに、無駄無駄無駄のウルトラ無駄遣いをしまくりです。みんな、マイホームを買う
のにローンの返済をどうしよう、って悩むのに、こんなに借金したら逆に開きなおっちゃうんでしょうか。どういう金銭感覚してるんでしょうね。
【日本の借金時計】
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/

国会見ていても、こういう積もり積もった問題の矛先を変えようと、郵政民営化を声高に叫んでいるとしか思えません。
この国はあと数年で破綻するという予言をしているエコノミストもいますが、可能性がないとは言えないですよね。

さらに、スマトラ沖津波被害の義援金の出し方も完全に間違ってます。
小泉氏はこともあろうか、「義援金を日本からたくさん出すから、国連安保理の常任理事国入りを推薦してほしい」と対象国の首脳にお願いしているのです。
誰がそんなこと頼めって言った。
義援金や自衛隊の救援を拒んだ国もあるそうですし、何をやっとるんですか、って感じです。僕の家に「次の選挙で1票入れてほしい」って言われても、絶対に入れようとは思わへん。
なんで選挙で小泉氏や自民党の意味不明な発言をしている人に票を入れるひとがおるんか、ほんまにわからん。
ニュース見てたら、おかしいって小学生でもわかるで。
金に目がくらんだ有権者が、将来のことを考えず、目先の利益を追求して汚い1票を入れてるから、としか思えないです。

常任理事国なんか、推挙されて初めてなったらいいもので、自分から「させてくれ」っていうもんじゃないやろ。
だいたい、今の外交能力で、国連安保理に入ったところで、ブッシュおやじの飼い犬になるだけやん、と思います。
今でも出来ることはたくさんあるし、もっと他の国にはっきりとした日本としてのポリシーを見せることから始めるべきだと思います。
見せるポリシーやビジョンがないから、言えないんでしょうけど。
さっさと国としてのポリシーとビジョンを策定することを、真っ先にしないといけないと思います。

昨年は地球全体が災害に見舞われました。1年で終わる天変地異とは思えないです。
災害大国の日本は、レスキュー隊のスキルや装備、医療などに関しても先進国だと言われています。
だったら、世界の警察がアメリカなら、その飼い犬に甘んじるのではなく、「世界の救急隊」っていうキャッチフレーズを作って、自衛隊を解体して災害警備隊を結成して、中身も完全な
レスキューになれば、世界のどこに派遣しても120%喜ばれることでしょう。
海外での救助活動が認められれば、ほっといても国連安保理に推薦されますよ。
平和憲法をせっかく持ってるんだから、武装するための改憲の話ばかりではなく、今までと全く違う発想で外交していったら、日本としてのポリシーがはっきり示せるのになぁと思います

だいたい、今どき戦車や戦闘機用意してどうすんの。ミサイル一発で壊滅するのに。
極端な話、軍備せんほうが安全とちゃうか?と思うのは僕だけでしょうか。

アメリカが世界の警察(自称)となっているのは、裏で軍需産業が政治家とめちゃめちゃ癒着してるからです。
あちこちに派兵をしていくほど、兵器を作る産業は儲かりますから。
北朝鮮からの防衛をネタに、日本に思いやり予算をせびってくるのも、こうした裏の話があるからではないでしょうか。
もちろん、日本にも軍需産業はありますから、憶測ですけど、かなり政府関係者も稼いでいるんじゃないでしょうか。

とにかく、言い散らかしてみました。
どう考えても、このままでは税金払いたくないですよね。
でも払うから、政府の人には何とかこの事態に歯止めをかけ、改革するように頑張ってほしいと思います。
そして、私と同じ20代の人が選挙で、正しいことをしている人、言ってることが正しいひとに投票してほしいです(いれば、ですが)。

いなかったら白票を投じる。行かないで棄権するのとは180度違います。

20代の投票率が80%を超えたら、日本は変わるでしょう。

言い散らかしてもストレスは減りませんが、書くことで少なく
とも気持ちの整理はできて、少しすっとしました。
皆さんのいろんなご意見を頂ければ幸いです。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
posted by stress83 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

結婚式の二次会

突然ですが、言いたいことを書くコーナーを新設しました。
(もちろん、悪口とか法に触れることは書きません)
これが本来のブログの形かもしれないと気づきました。
発信したいことを気の向くままに発信するということは最高のストレス発散になるので、今年初の新カテゴリ追加です。

ではでは記念すべき第1回の「言い散らかし」です。
近々、友人が結婚するのですが、新郎から二次会の幹事を頼まれました。
なぜか、私のように独身の人が頼まれることが多いようです。
なぜか独身は「時間に融通が利く」と思われているフシがあります。
独身でも家庭もちでも、忙しさには変わりないと思うんですが。。
特に私と一緒に幹事をしている人はめちゃくちゃ忙しい人です。
家庭があったら時間的に余裕がないというイメージなのかな?
奥さん(またはだんなさん)に気を遣うから?
夫婦で二次会幹事頼まれることってあるんでしょうか?
経験済みの方、ご存知の方はコメントをぜひお願いします!

それにしても、二次会の準備は大変です。
私は昨年も他の友人の二次会幹事をしているので、はじめてではないのですが、慣れてても時間と労力が必要です。企画、立案、運営という流れで遂行される、1つのプロジェクトとして捉えることもできますね。
特に仲の良い友人ですし、おめでたいことなので、もちろん喜んで引き受けました。

ふと思ったんですが、二次会っていったい何なんでしょうね。
披露宴が一次会、友人によるパーティが二次会、という設定なんでしょうか。
本来は友人が発起人となって親しい人を呼ぶ、というものかなと思います。
しかし、最近は私のように、新郎新婦が友人に頼むという形がほとんどではないでしょうか?
僕自身は、結婚するときには披露宴も親族だけ(だから披露宴ではないのかも)、友人による祝賀会は、友人から話がない限り自分たちでは企画しないでいようと思っています。
2回目の結婚だからというのも理由のひとつではありますが、元々あまり大々的にするつもりもないし、そんなに友人が多いわけでもないので、内輪でしたいな、と思っています。

私の二次会論はさておき、友人の二次会は楽しくしたいので、できるだけうまくいくように準備に明け暮れています。
来られた方にめいっぱい新郎新婦を祝福して欲しい、新郎新婦には幸せな気持ちをめいっぱい味わって欲しいと思います。
そのお手伝いができれば、幸いですね。
幸せな家族が一組誕生するということは、世の中のためになるんですよ。たぶん。
幹事楽しみまーす。
posted by stress83 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。