2007年05月30日

【緊急】迷惑メールでお悩みの方へ 無料ノウハウプレゼント(本日限り)

こんにちは。Stress83です。

迷惑メールでストレスがたまっている方、多いと思います。
そんな方に、無料でノウハウを差し上げます。
■お知らせ■
無料でノウハウプレゼントキャンペーンは本日限りとなっておりますので、お早めに!
詳しくは下記のキャンペーン内容をお読みください。

届くメールのほとんどが、いかがわしい内容、広告などのメールで埋め尽くされると、大事なメールを見落としてしまいがちです。
貴重な時間を迷惑メール削除で費やしている、なんてことはありませんか?

また、思わずクリックしてしまって、フィッシング詐欺のサイトに誘導されたり、ワンクリック詐欺の画面が表示されるなど、操作を
誤るだけでネット犯罪の恐怖にさらされてしまうこともあります。
コンピュータウィルスが添付されている頻度もかなり高くなり、情報セキュリティ上も何らかの対策を施す必要があります。
何より、文面を見るだけで不快感も大変なものです。

逆に、迷惑メールを撃退できれば、これらの脅威とはきっぱり手を切ることができます。
あなたの大切な時間・パソコンを守るための有効な対策、知りたいと思いませんか?

前置きが長くなりました。

私の知り合いのITコンサルタント、菅 憲市さんが、本を出版されました。
その名も
『ビジネスマンのための ネット・セキュリティ・ハンドブック』
です。

ビジネスマンにとって、基本的なセキュリティ知識は、もはや必須と言えます。
セキュアドの立場から言いますと、社員一人ひとりが知識を持っているかどうかによって、その会社の管理コストに大きな差が出ることは間違いありません。
事件はまさにパソコンから起こるからです。

これらの知識を身につけ、迷惑メール対策も万全になれば、あなたの大切な時間を、ビジネスに、プライベートに集中させることができます。
成功するビジネスマンにとって、必携の一冊といえるでしょう。

この本を5月30日までに購入された方に限り、無料で『個人用、迷惑メール撃退ノウハウ』がプレゼントされます。
このチャンスを逃す手はありません!
逃すと、とてももったいないです。

「迷惑メール 困ったときに ノウハウ無し」という事態に陥る前に、今すぐアマゾンで本を購入してください。
この期間限定ノウハウを手に入れ、快適なネットライフを送りましょう。


--------------------------------------------------------------
■キャンペーン内容■

オンライン書店のAmazonにて、5月29日から30日の48時間中に
総合法令出版社より出る 菅 憲市さん著の
『ビジネスマンのための ネット・セキュリティ・ハンドブック』
をご購入いただいた方に『個人用、迷惑メール撃退ノウハウ』をプレゼント。
この小冊子は今後、無償で配付されることはありません。


■キャンペーン対象期間■

2007年5月29日(火) 00:00 から、
2007年5月30日(水) 23:59 まで。


■プレゼント詳細■

期間中にご購入いただいた方には、特別プレゼントを用意しています。
プレゼントは個人向けの高性能迷惑メールフィルタを実践する手順書です。

今や迷惑メールは深刻な問題です。そこで個人が行う有効な対策として、
専用ソフト不要、メールソフトの乗り換え不要、しかも無料でできる!
迷惑メール自動排除のノウハウを紹介したいと思います。

このノウハウの実践後は、高確率で迷惑メールを遮断してくれるので、
大量の迷惑メールにウンザリすることもなくなるでしょう。

このプレゼントキャンペーンの詳細はこちら
http://sugakenichi.com/amazonc/

--------------------------------------------------------------

posted by stress83 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

パーソナルシュレッダーで個人情報漏洩防止

ご覧になった方も多いと思いますが、あるある大辞典で情報セキュリティに関する発掘が行われていました。

悪意のある第三者が、ゴミからクレジットカードの明細を拾い集め、インターネットショッピングで高額家電を購入したという被害例が紹介されていました。

このように、ゴミ漁りから個人情報を得ることを、セキュリティ用語でトラッシング(またはスキャベンジング)と言います。

明細などを小さく裁断して捨てるのは面倒ですね。
このケースでも、手で破っていたのですが、紙片が大きかったために照合されてしまったようです。

個人情報保護法完全施行直後、かなりシュレッダーを買われた方が多いと聞きますが、半年を経過し、少しずつ熱が冷めてきているところですので、このあたりで歳末に向けてもう一度、セキュリティを確認しておくことが大切です。

さて、ゴミ漁りによる犯罪を回避する方法はシンプルです。
クレジットカードの明細や、DMなどの宛名ラベルを裁断してから捨てることで回避できます。
しかし、安い安いシュレッダーを買うと、うどん状のほそい紙切れになるだけですので、照合可能になるおそれがあります。
その点、クロスカットという形で、細かい紙片に裁断してくれるシュレッダーは安心です。

クロスカットでCDや期限切れのクレジットカードまで裁断可能な、一番リーズナブルなものとしては、手動式のシュレッダーがおすすめです。

しかし、シュレッダーも手回し式のものはバランスが悪く、不安定な場合があります。
ヘビーユーザー(たくさん裁断する方)は、少々音が大きいですが電動式シュレッダーがおすすめです。

ゴミなんてたいしたことはない、と思いがちですが、小さなセキュリティホールから大きな被害が生まれます。
しかし、ひと手間かけるだけで大きな防御力を生みます。
シュレッダーは安いものですので、買っておいて損はないと思います。

個人情報が漏れないよう、お互い気をつけていきましょうね。
posted by stress83 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

セキュアドへの道

とうとう、ドメインを新規に取得し、セキュアドドットコムをリニューアルしました。
(ジオシティーズのサイトとは少しだけ方向性が違うので、両方継続します)

情報セキュリティ管理者養成サイト【セキュアドドットコム】
0から始める情報セキュリティスキルアップサイト

http://www.secuad.com/

みなさん、どうぞよろしくお願いします。


まだまだコンテンツはわずかですが、

「セキュアドへの道」

と題して、セキュアドを受験する方のブログやサイトをご紹介していく企画がスタートしました。

受験を共にする人は、たとえ試験場所が違っても戦友です。
受験動機は人それぞれかもしれませんが、高い意識の人が多いです。
「私も同志だ!」という志士の方(サイト運営者)をバシバシ紹介していきます!

記念すべき第1号は、「資格50を目指す」さんです。
http://delta9999.blog27.fc2.com/

かなりの勉強家の方です。
ありとあらゆる資格にチャレンジされていますが、主に情報セキュリティ系に重点を置いていかれる計画のようです。
文筆業をされているからでしょうか、文章の構成や試験勉強のまとめ方については、折り紙つきだといえます。

ストマネとセキュアドドットコム両方でご紹介していきます。
お楽しみに!
posted by stress83 at 20:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

新妻の悲鳴!ま、まさか・・・

「きゃぁぁぁぁぁ!!」

嫁さんが悲鳴をあげました。
ついこないだ、非常に困ったことがあったんです。

実は、パソコンから大事なデータが、ゴッソリ消えたんです。

 「データが消えた」といっても、
 スタートレック2のデータ氏が失踪したのではありません。
 もちろんクリンゴン星人には何も関係ありません。

パソコン内の大切な画像ファイルが、全部消えてしまった
のです。
ご経験のある方もいらっしゃると思いますが。。。

詳しい作業の流れは、以下の通りです。

1.動作が重くなったので、再起動してみた。

2.なんとWindowsが起動しなくなった。
  起動途中で電源が切れ、延々と再起動を繰り返す。
  ウィルス感染を疑うも、どうもハードエラーの様子。

3.ふたを開けて、ハードディスクやメモリなどを接続しなおしてみる。

4.何とかセーフモードで起動。ちょっと感動。
  ここまでで約2時間。しんどい。
  
5.あまりに動きが怪しいので、チェックディスクを敢行。

6.再起動後の詳細チェックディスク。
  どうも、画像ファイルの入っているユーザプロファイルがアヤシイ。。。
  チェックディスクで見事にたくさんの破損ファイルが見つかり、修正が完了。

7.無事にさくさく起動するようになり、ほっとひと安心。
  しかし、ひと安心もつかの間、画像ファイルのフォルダがどこにも見当たらない!!  おそらく、チェックディスクでインデックス情報が消去されてしまったために、パソコン上で無き者として認識されているようです。


(ここで冒頭の嫁さんの悲鳴が・・・ああ許して〜)


結婚式の写真データも含め、大切なデジカメデータがパソコン上から忽然と姿を消しました。

私もパソコンを扱う仕事をしてはや7年。
職場でハードディスクからデータが消えたことがあり、そのときはデータ復旧サービスを行っている業者に依頼しました。
しかし、自分のパソコンからデータが消えてしまったのは実は初めてだったのです。


ホントこまりました。
どうしようかなぁーと悩みつつ、とりあえず別PCを起動し、Webで対策法を検索。

すると、おおっ!と目を引くものが現れました。
「ファイル復元ソフト」なる救世主があるではありませんか。


必死に探して、私の視点で厳選したソフトは3点。
この3つを試してファイルの復元を試みました。

1.復元
 (フリーソフト)
 フリーなのに、ゴミ箱から消したファイルまで戻せる優れもの。期待大!

2.救出 ファイル復元
 (ソースネクスト 1,980円)
 安い!でもかなり高い復元率を誇っているようです。
 ソースネクストで買えば送料がかかりますが、アマゾンだと無料です。
 復元でダメなら買いです。
 アマゾンの1500円以上送料無料は大きいですね。

3.ファイナルデータ 3.0 特別復元版
 (AOSテクノロジーズ 13,440円)
 高いんです。しかし、ファイナルの名前は伊達ではありません。
 Eメールも1通ずつ復元でき、ディスクの中でファイルが断片化(破片のようにバラバラになっている状態)されていても、復元できるというおそるべき高性能。
ソースネクストでダメなとき、これに賭けるしかない!
 

※このソフトは、お試し版があります。
お試し版では復元はできませんが、消失ファイル検索はできます
復元できるかどうか試してみて、ファイルが見つかれば復元できる可能性が非常に高いということです。
メーカーサイトで買うと高いですが、アマゾンではなぜか3000円以上の割引販売が行われています。送料が無料の上に安いのですから、アマゾンがおすすめです。

各ソフトとも、書いてある共通の注意書きが書いてあります。
「100%復元を保障するものではありません」
「復元したいデータが上書きされる可能性がありますので、復元したいファイルのある
 ドライブにはファイルのコピーやソフトのインストールをしないようにしてください」
ファイルが消えたパソコンにはしばらく寝ておいてもらい、早速復元大作戦だ!

画像ファイルの復元は、激しい闘いとなりました。
嫁さんの大切なファイルのため、私のエンジニアとしての闘魂は、燃え滾ったわけです。

まず、1番の復元を試しました。
なんと、ハードディスクを全部詳細チェックするというソフトなのですが、一晩かかりました。

しかし!!ファイルは見つかりませんでした。
でも、驚いたことに1万ファイル以上が見つかりました。
こんなんじゃ、うかつにパソコンを中古で売ったりしたら、カンタンに復元されてしまうことになってしまいます。

ファイルが復元できなかったので、2番のソースネクストにメールを出してみました。「インデックス情報が消えた画像ファイルですが、復元可能でしょうか?」

すると、数時間後に返事が!
さすがソースネクストさん、仕事が速い。
「おそらく、お客様の減少でしたら、復元できるものと思われます。」

よし!お墨付きが出たので、買おう!
ソースネクストのサイトでも買えますが、送料が無料になるのでアマゾンへ。

1日後。メール便でソフトが届きました。
さっそく試してみます。
とうぜんのことながら、これも詳細スキャンには多くの時間がかかるんですね。
次の日の朝。

おおお、たくさんの画像ファイルがある!
これなら復元できるかも!!!

あった!このファイルだ!!このファイル名がなくした画像だ!!
しかし、ファイルの状態をよく見てみると、「復元不可能なファイル」と書いてあります。

不可能・・・できる言うたやないか!!
こら!ソースネクスト!!責任者出て来い!!!
しかし、ソフトの箱をよく見ると、「100%復元を保障するものではありません」とやはり書いてあります。まぁその通りですわね。

くやしいのでマッハの速さで返品手続きをとり、次の対策へ。
もうこうなったら、とことんやってやる!!!


エントリー3番!ファイナルデータ!
これがおいらのファイナルアンサーだ!!
↓こいつです。(写真1)

3.ファイナルデータ 3.0 特別復元版
 (AOSテクノロジーズ 13,440円)
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006HU9Q2/250-3743236-6929869

B0006HU9Q2.09.LZZZZZZZ.jpg

ファイナルデータお試し版を試してみます。
すると、画像ファイルが一覧に出てくるではありませんか!
それも、プレビューしてみると、写真として認識されています。

す、すげぇ!!キター!!
トライアル版では復元できないので、早速アマゾンで購入手続きをしました。

2日後の晩に宅配便が届きました。
ファイナルアンサー、じゃないファイナルデータです。

さっそく、ハードディスクをそのままの状態で保つため、CDから起動します。
うぃーん。ドキドキ。
このソフトも詳細スキャンは時間がかかりますが、検索結果を保存できるので、次回から再度長時間のスキャンをする必要がなくなります。
どこまで高性能やねん、とニヤケツッコミを入れながらスキャンします。

スキャン終了!!
一覧に画像ファイルが出てきました。
そして、一括復元!!!!

消失していたファイル、およそ500枚。
300MB近いデータが、完全に復元できたのです!!

「きゃぁぁぁぁぁ!!」(←嫁さんのうれしい悲鳴)

やったやったやりました。
復元できました。
エンジニアとして、夫として、なんとか面目を保ちました。

1万円くらい費用がかかりましたが、復旧サービスに頼むことを考えれば安いです。
今回は、私のバックアップしてないのが悪いので、私が自腹でソフトを買いました。

それにしても、この高性能は、驚異ですし脅威です。
ハードディスクをうかつに廃棄できないことが良くわかりました。
Windowsをフォーマットしても、復元できるんですよ、このファイナルデータは。

だからパソコンを捨てるときは、ハードディスク完全消去ソフトを使いましょう。
完全消去ソフトとは、暗号化された無意味なデータでディスクを上書きしてしまうので、元のデータを復元される心配が無いんですね。
自分が捨てたパソコンから自分の購入履歴やユーザ名とパスワードなどの個人情報が取り出されたら・・・ぞっとしますね。
そんな時は、ソースネクストの「Acronis DriveCleanser Personal」を使えば、ほんとに安いし完全に消せます。

夫婦で喜びを分かち合いました。
この復元した写真から、「結婚しました報告はがき」を作ります!
よかったー!

みなさんも、バックアップはこまめにするようにしてください。
ファイナルデータの復元能力は非常に高いですが、ハードディスクが壊れたときは、さすがに復元不可能です。

そこで、外付けハードディスクやCD−Rにバックアップしておくというのが良いと思います。
そしてその別媒体をきちんと保管しておくと良いでしょう。
外付ハードディスクは40GBの大容量で1万円くらいで売ってます。

B0000V79PI.09.LZZZZZZZ.jpg


ただし、仕事場の個人情報が記載されたエクセルファイルなどは、いくら大切といってもコピーして持ち出したりしないようにしてくださいね。
あくまで、保管用です。
ポータブルだとかさばらないので、使い勝手が良いですから、まめにバックアップを取りましょう。

バックアップは大切だなぁ、と痛感した事故でした。
アメリカのハリケーン災害でも、バックアップを含めた災害対策をしているかどうかで、損害額に大きな大きな差が出ているようです。

災害からの復旧対策のことを、専門用語でディザスタリカバリといいます。
(ちょっとつかってみると詳しい人みたいに見えます)


みなさんも、これを機に見直してみてください。
最後に、題名で「お!夫婦ゲンカか?」と思われた方、残念でした。
ご期待に沿えず、すみません(笑)
おかげさまで、相変わらず仲良くやっております。

ここまでお読みいただいて、ありがとうございました。
posted by stress83 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

セキュアドに合格するための必須ツール

こんばんは。
情報セキュリティアドミニストレータ試験がいよいよ近づいてきました。
今年も、5万人を越える人が受験を予定されているそうです。

さて、情報セキュリティアドミニストレータ合格サイトにも書きましたが、情報処理技術者試験に合格するために必要不可欠なツール、それは何だと思いますか??

合格するために必要なツール、それは・・・

鉛筆です!

というのは半分冗談で、
(シャープペンシルより鉛筆の方がマークする時間が短縮できますので、
 あながち嘘ではありません)


過去問題です!

すでに問題集などで持っている方は多いと思いますが、新たに手に入れるメリットがあります。
問題集にメモを書きなぐってしまった場合、さらにもう1冊購入するのはもったいないですね。

そんなとき、タダで手に入れられたらいいのにな・・・と思ったあなた。
真剣に合格に向けて取り組んでいるあなたに朗報です。

テクノブレーンさんでは、情報処理技術者試験の過去問ダウンロードができます。

私も以前、合格したときにお世話になりました。
かの有名なジャン先生こと斎藤末広先生とのタイアップで合格ノートという形になっているのがまたいいんです。
ジャン先生の合格メールは、本当に役に立ちました。
セキュアドコムのリンク集にもジャン先生メルマガの紹介をしてますのでご覧下さい。






合格している人ほど、過去問を大切に解いています。
情報処理技術者試験の過去問ダウンロードはおすすめです。


posted by stress83 at 18:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

「セキュアド合格の7ステップ」完成!

合格への7ステップ。
どこかで聞いたようなタイトルですね(自爆)

ご存知の方はご存知だと思いますが(当たり前)、
秋の情報処理技術者試験のひとつである、
「情報セキュリティアドミニストレータ試験」を受験
予定の方にひそかにブームになっている私のサイトの
人気連載が昨日完結しました。
(自画自賛もここまでくるとアホですね)

こちらです↓
http://www.geocities.jp/secuadcom/

知識ゼロから合格まで、どのように勉強していけば合格
できるかという秘訣をあますところなく書きました。

今後は、家庭や職場で最低限対策しておいた方がいいと
思われる情報セキュリティ対策について、わかりやすく
解説するコンテンツや、受験勉強でしんどくなったとき
のセルフメンテナンスなどについて記載していきたいと
思います。

そして、9月中旬には、ドメインを新たに取得して、
「情報セキュリティ管理者養成サイト Secuad.com」を
正式リリースしたいと思います。


早く更新してくださいというメールをいただいた読者の
みなさん、おかげさまでやっと終えることが出来ました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

そして、このサイトのノウハウを生かして、シスアドの
受験に向けての対策法と、シスアド取得後のビジネスでの
展開についても、情報発信をしていこうと考えています。

どうもありがとうございました。
受験をご検討されている方、一緒に頑張りましょう!
posted by stress83 at 13:51| Comment(4) | TrackBack(1) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

クレジットカード会社からの情報流出

また情報漏えい事件が起こりましたね。
アメリカで発生した情報漏えい事件が即時的に日本にも影響が出ています。
ITはリアルタイムで情報伝達ができるところに最大のメリットがあるのですが、今回はそのメリットが逆にアダになったということですね。

NTTドコモで発生した情報漏えい事件でもそうですが、おそらく、侵入されたデータ処理会社は、セキュリティの先進国アメリカの中でも相当な対処をしていたはずです。
顧客情報の漏えいということについて、対処をしても不足している部分がどうしてもあるのはやはり内部の人間が関わっているからなのか、と勘ぐってしまいます。

アメリカで発生したとはいえ、実害が出ているわけですから、対岸の火事ではないということですね。
今後さらに情報セキュリティについてニーズが高まることと思います。

昨日、久々に私の管理しているセキュアド合格サイトを更新しました。
その際に、私の大変お世話になったWebサイトと相互リンクをさせていただいたのですが、情報セキュリティWebサイトの大先輩から、「あなたのサイトはセキュアドを受験する人に役立つと思います」というありがたいお言葉をいただきました。
やはりこういうメッセージをいただけると、やっていて良かったと思います。

大先輩であるsstokkunさんのサイトはこちら↓
「情報セキュリティ総合サイト−情報セキュリティアドミニストレータ試験対策」
http://www.sstokkun.net/

人間もシステムも、セキュリティ対策を強化する必要に迫られています。
しかし、自分のことは自分で守らなければなりません。
ですから、技術・知識を自ら身につけ、立ち向かっていく氣持ちが必要です。

これから10月に向け、どんどん内容を濃くしていきたいと思っています。
サイト内の総ページビューがおかげさまで10000アクセスを突破しましたので、これを機にドメインを取得したり、メルマガ発行に着手しようと考えています。

私の願いは情報セキュリティアドミニストレータを世の中にもっと増やし、日本を情報セキュリティレベルの高い国にしていくことです。
私のサイトを活用して、悪意のある第三者のアタックや、情報漏えいの内部犯行を防ぐため、適切な対策を取れるエキスパートが増えてくれたら、と考えています。

情報セキュリティを楽しく学んで、適切に対策しましょう!
posted by stress83 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

2ヶ月経ちましたが、個人情報保護対策はどうですか?

最近、「個人情報」という錦の御旗をかざして、本来サービスを提供するべきであることまで開示しなかったり、いびつなサービス形態にするなど、過剰反応があちこちで見受けられます。

確かに慎重に法律に対応しなければいけないのですが、法律とガイドラインをきちんと理解し、最大限のサービスを提供することが大切です。

そろそろ、法律が施行されて熱が冷めてきたころかもしれません。
このあたりで、もういちど復習し、適切な個人情報保護対策と、適正なサービス提供をもう一度考えてみる必要があるのではないでしょうか。

最近は内容の優れた書籍やWebサイトが多数あります。

書籍で言えば、岡村先生と鈴木先生の最強コンビが書かれた「これだけは知っておきたい個人情報保護」と「Q&A こんな時はどうすればいいの? 個人情報保護」の2冊をセットで読むとかなり「安く」「効率的に」「最低限の」復習することができます。


安く  ・・・ なんせ2冊あわせて1050円。
効率的 ・・・ 法律の専門書は分厚いのが相場ですが、2冊あわせても150ページ強。
最低限 ・・・ 難しい法解釈ではなく、現場に沿った形の最低限必要な対策が満載です。


本当に2冊とも薄いので、ちょっと心配になりますが、業務の現場で実践できることに絞って書かれているので、ビジネスマン向けです。
個人情報保護法の法律そのものを勉強する人には、この2冊は不向きです。

Webサイトであれば、このサイトは情報満載です。
僕はこのバナーを見たとき、思わずクリックしてサイトの内容を読んでしまいました。
欲しい情報を見つけたときの喜び、というか腹の収まりが良いというか、そういう感じがする個人情報保護法対策サイトです。

「個人情報保護法とは?プライバシーマークとは?ISMSとは?」
いざ質問されたとき、冷や汗かきませんか?私はかきます(笑)
だからあわててこのサイトにアクセスしました。
このサイトの「らくらくレベル診断 〜御社の危険度は!?〜」をやってみると、あなたに適したセキュリティサービスを教えてくれます。





実感として、復習しないと自分の体に感覚として定着しませんね。
個人情報保護は大前提ですが、サービスレベルも保ちたい。
そんなときは復習しましょう。情報収集しましょう。整理しましょう。

こんな法律作りやがって、と怒るよりも、大切な人の大切な個人情報を守るんや!という風に前向きに捉えて復習と実践をしていきたいと思います。

みなさんも、復習してみてください。
「えっ!これってこうやったっけ?」というような新しい氣付きがきっとありますよ。
posted by stress83 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

私の足と情報セキュリティの不思議な関係

不思議な関係シリーズその2です(笑)

私の足とプライバシーマークの不思議な関係」でご紹介した足の痛みが、やっとほぼ全快しました。

あの時は足を痛めて、といってましたが、素直に白状します。

マメが爆発して足がひでぶになってましたので、あわてて近くの名医といわれる皮膚科にいくと、「えらいひどいな」といわれました。

診断は、「足白癬」。
足白癬と書くと「お、なんかえらい病気か?」と思ってしまいますが、

「水虫」


でした。

なんや水虫程度でガタガタいうな、このヘタレが!と思われたかもしれませんが、実はこの水虫という病気はかなり強敵なのです。

今はとてもよい薬が出ているので1ヶ月で治ります。
それでも、1ヶ月は水虫の菌(白癬菌というカビの一種)の胞子が皮膚のあちこちに残っていて、また再発する可能性があるからなのです。
1ヶ月というのは肌のターンオーバー(細胞の入れ替わり)が約28日で行われるので、新しい足の皮膚細胞が健康なものに入れ替わった時点で完治、ということになります。

かつては「水虫の薬を発明したらノーベル賞がもらえる」といわれたほど、薬を作るのが難しかったそうです。白癬菌というカビは昔から人を苦しめてきたのですね。

今回は、なかなか「水虫にかかった」ということが恥ずかしくて、人に言えませんでした。
ずっと、「足を怪我しまして」って言い訳してました。
でもマメができ、破裂したあと、その部分がかぶれていたので、歩くたびにめちゃくちゃ痛いんです。だからずっと足をひきずって歩いてました。
浸出液で靴下が半分ほどつねにジュクジュクという状態でした。
ガーゼをしてもおかまいなしにあふれてくるあの液には、まいりました。
まぁ液が出る自体は痛くもかゆくもないのでいいんですが、気持ち悪くて、マメの部分は痛くて、ということで、精神的になかなか休まりませんでした。

でもいきなりこんなにひどくなったのではありません。
あれ、なんかかゆいなぁ、と思ったのは、マメが破裂する2週間ほど前。

 うーむ、なんか足の皮が少しむけてるで、アヤシイなぁ。
 どうもスポーツジムでもらってしもたみたいやな。
 でも医者行くのイヤやしめんどくさい。


こんな具合でほうってたんです。
今思えばあの時医者に行ってれば、たいしたことにならずにすんだのに。
約2週間、自由に歩けず苦しみました。
そして、足を拭くタオルを別にし、掃除をこまめにするとともに、毎日薬を塗って、ガーゼを貼るという生活をしていました。不便でした。

足が痛くなくて、普通に歩けるときは、歩けて当たり前、走れて当たり前、という感覚で生活してしまいます。
しかし、いざ歩けなくなると、歩けるってことが本当に素晴らしいことであるということを思い知らされます。
足をひきずって歩いていると、バリアフリーの大切さも良くわかります。
なってみないとわからないことって多いんですね。
また、不自由さを「あぁ不自由だ、やだなぁ」ととらえるのではなく、何か得られないかと思いながらその生活を送れば、必ず得られるものがあります。
私は、今回の病気で、自由に歩けることがどれだけありがたいかということを身にしみて思い知りました。

さて、今回、私はなぜ失敗したのでしょうか?
どこが悪かったのでしょうか?
頭が悪い?性格が悪い?ほっといてんか(笑)

「足の不調を気づいていたのに何もせずにほっといた」ということです。

情報セキュリティに関しても、トラブルが起きる前にたいてい、何らかの変化や不具合など、小さな小さなアクシデントが発生しています。
その小さな兆候を見過ごしたり、わかっていても「まぁ大丈夫だろう」という形でやり過ごすことが、後々大きな事件を招いているのです。

コンピュータウィルスも、感染して初めてことの重大さに氣づきます。
情報漏えいも、ほんの出来心が大きな社会問題を引き起こし、下手をすると企業の存亡に関わります。
ですから、小さな兆候に氣づいたら、即座にその対応をするということを肝に銘じる必要があります。

もし、あなたのパソコンにコンピュータウィルス対策をしていないとしたら、このブログを見て小さな兆候に氣づいたのですから、まずは対策しましょう。
たとえば、ウイルスセキュリティ2004は、1980円と安価な上に必要な機能が使いやすいので、おすすめです。
もし腕に覚えのある方は、フリーのアンチウィルスソフトを導入するのもよいと思いますが、やはり対応の早さ、パターンファイルの更新(ウィルスを駆除するデータベースの更新)サービスの頻度などは、まれに不具合もありますが、やはりトータルで考えると商用のソフトウェアの方がよいと思います。
安全を買う、というのはとても有益な投資だと私は考えます。

私の水虫も氣づいたときに医者に行っておけば、もっと治療費も安く、痛みも伴わずに済んだと思います。
今までの情報漏洩事件や先日のJR福知山線列車事故についても、もっと問題が小さいときに対処をしておけば防げた部分が多いのではないでしょうか?

情報セキュリティは予防医学と同じです。
問題を想定して対処することが必要ですので、私ももっとスポーツジムで氣をつければ良かったのですが、今まで水虫になったことがないから、まったく氣にしませんでした。
でも、これからは氣をつけて、足を良く洗って、薬を持参してジムに行きます。
転ばぬ先の杖、といいますが、やはり水虫も情報セキュリティの脆弱性も、早期発見・早期治療が大切です。

さぁ、思い立ったら吉日です。
ウィルス対策がまだの人は、導入しましょう!
何か既に氣づいている問題があれば、対応策を施しましょう!
大ごとにならないうちに、想像力をフルに活用して、「当たり前」の状態をつくりあげましょう!

「当たり前のことを当たり前にする」のがプロの仕事だ、とドラゴンズの落合監督はおっしゃったようです。
「当たり前のことを当たり前にする」ことが思った以上に大変で、そしてありがたいことかを、水虫が教えてくれました。

ありがとう、白癬菌。
でも、もう僕の足には悪さするなよ(笑)
posted by stress83 at 00:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

情報セキュリティアドミニストレータ受験予定の方へ

 今朝、やっとWebサイトを更新しました。

今年の10月の情報セキュリティアドミニストレータ試験を受験予定の約5万人の皆さん、お待たせしました(笑)
 
 Secuad(せきゅあど).com 【セキュアドドットコム】
 0から始める「情報セキュリティアドミニストレータ」試験合格サイト  
 http://www.geocities.jp/secuadcom/

このサイトのメインとも言える、勉強術のノウハウを説いた、
0から合格!情報セキュリティアドミニストレータ」と、
セキュアド試験対策おすすめ参考書/情報誌」を3月末にアップします、
と書いておいたにもかかわらず、もう4月20日です。

なぜ、こんなに遅くなったのか!!
それでは、言い訳しますので聴いてください(笑)

えーと、えーと、うーん、、あ、そうそう。
春の情報処理技術者試験が終わるのを待っていました!
みんな秋試験の情報セキュリティアドミニストレータ試験はまだ眼中にないはず!
だからわざと引っ張りました!!

・・・というのはウソです。

 実は3月中に更新する予定だったのですが、中身を練っているうちに、あれも入れよう、この内容も忘れてた、という形で推敲の嵐が始まり、あっという間に時間がたってしまいました。
その上、足は怪我するし(実は病気だったのですが、また長くなりそうなので後日ご紹介します)、今日は首を見事に寝違えて可動範囲が45度ほどしかありません。くいだおれ人形のごとき動きになっています。
このようなコンディションの悪さも手伝って、「3月末公開予定」という文字が4月中も哀しく表示されている有様でした。

しかし、遅ればせながら何とかアップし、0から合格!情報セキュリティアドミニストレータについては、段階的に勉強術をアップしていき、ワークをこなしながら進んでいただくという、新たな試みにチャレンジしております。(ただし、このコーナーでは過去問などを解くワークはありません)

私のサイトでは、基本的に過去問の解説などは行いません。
問題の解説については、素晴らしいサイトやメルマガがあるからです。

特に、午前問題では必修のメルマガがこれです!

「一日一題 高度をめざす情報処理技術者試験宿題メールマガジン」
http://www.yscon.co.jp/j/homework/index.htm

なんと、宿題メールは(本編)は,まぐまぐメールマガジン殿堂入りをされています。
私も大変お世話になったメルマガです。ほんと勉強になります。
秋期情報処理技術者試験を受けようと考えている方は、今日から取り組んでみて下さい。

さぁ皆さん、秋の試験に向けてスタートしましょう!
私も勉強開始します。
まずは、宿題メールの登録を勧奨します。
さて、勧奨とはどういう意味でしょう?さぁ考えましょう!

「勧奨」の意味は「ジャンジャン日記/多読向き英語絵本目録」でお確かめください。
ではでは、また。

ここをカチっと押すことを心から勧奨します。
人気blogランキング

posted by stress83 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

私の足とプライバシーマークの不思議な関係

先週、足の裏のマメが豪快に破裂し、お医者さんに行きました。
マメが大きくなっているのはうすうすわかっていたのですが、これごときで医者にかかっちゃおれんとばかりに、医者嫌いのわたしは痛くないように歩いたりして、無駄な抵抗を繰り返していたのでした。

ガーゼを当てて、塗り薬をするという形で処置をし、また1週間後においで、というお話でした。
かなり広い範囲で皮がむけているので、足がかなり痛みました。
次の日からは、足をひきずって歩くので、普段10分で行くところを20分ほどかかってあやうく遅刻しそうになりながら、やっとのことで出勤、という状態でした。

普段歩いたり走ったりするのが当たり前だったのが、急にできなくなると、ほんとに不自由な気持ちになります。
また、人間は運動不足になると考え方が後ろ向きになり、ストレスがたまりやすくなるようです。

だいぶ具合が良くなりましたので、少し歩けるようになりました。
痛みがなくて歩けることはこんなに気分がいいもんなんやなぁと改めて思いました。

健康って、ほんまにありがたいです。元気なときには気がつかないんですね。
病気や怪我をして、初めて気がつくんですね。
情報漏えい事件が発生して、ようやくセキュリティの大切さに気づくのに何だか似ているなぁと思いました。

企業であれば、個人情報保護対策が未対策であれば、早急に行う必要があります。
しかし、大ごとになってからでないと本腰を入れたくないという経営者の方も多いのではないでしょうか。
それは、個人情報保護対策には、導入に見合った儲けが出ないからです。
では、ビジネスチャンスにする方法を考えましょう!

そのひとつとして大きな効果が期待できるのが、「プライバシーマーク」の取得です。
当社は個人情報保護については、万全の体制をしています、というアピールができます。最近では取得していない会社との取引を敬遠する動きが活発に起こっています。

ただし、プライバシーマーク取得には「個人情報保護規程」「個人情報保護細則」「個人情報保護監査規程」「外部委託情報管理規程」「情報文書管理規程」「施設入退出管理規程」といった各種帳票の作成が必要です。結構大変な作業です。これら帳票サンプルこちらを一度ご覧下さい。
プライバシーマークの申請と、それに伴う代行サービスなどは、最近申し込みが殺到しているということです。

会社の情報システムの脆弱性も、あなたのパソコンのセキュリティホールも、あなたの体も、早期発見、早期治療が大切です。
大ごとになってから騒いでも、手遅れになります。
気づいたときに、すぐに対策しましょう。

気づいたら、ひと押しして下さい。→人気blogランキング
posted by stress83 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。