2007年12月02日

レイアロハ、おすすめです

「出会いは突然だった。」

私は普段、ストリートミュージシャンの方の演奏を、立ち止まってゆっくり聴くことはありません。

しかし、梅田の歩道橋で聞いた音楽は、そんな私の習慣をくつがえす、不思議なパワーを持っていました。

そして、初めて、ストリートミュージシャンの方からCDを買いました。
CDのタイトルは「Leialoha(レイアロハ)」。
ハワイの言葉で、「大切な子供へ」という意味だそうです。
12月5日に発売になります(アマゾンで予約可)

家に帰って聞いてみると、その穏やかで、心をくすぐるギターの音色が、とても心地よく、普段せかせかと忙しくしている自分を癒してくれました。

ギタリストの名前は、「わたなべ ゆう」さん。
CD発売日の12月5日にFM802のヒロTさんの番組『HIRO T'S MORNING JAM』にゲスト出演されるそうです(朝9時台の出演)。

音楽で癒されたい人は、試しに聴かれると良いですよ〜

↓↓↓
Leialoha(レイアロハ)

独特の世界に引き込まれます。
私はおやすみミュージックとしても聴いています。
すごく眠りにつくのが早くなりました。

わたなべゆうさん本人もおっしゃっていましたが、胎教にも良いような音楽を目指して作られたそうですので、お子さんがいらっしゃる方にもおすすめです。
posted by stress83 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ストーカーと呼ばないで

ご無沙汰してます。
stress83です。

そろそろ、ブロガーとして復活しなければと思い、現在リハビリ中でございます(笑)

夏は暑いですね。
暑いからストレスも溜まります。
ストレスを発散するには、笑うのが一番です。
そこで今日は、かなり笑えるCDをご紹介します。

■「聴いてはいけないオオタスセリの世界」

新聞や各種報道でご存知の方も多いと思いますが、オオタスセリさんというシンガーの方が歌う「ストーカーと呼ばないで」という曲が収録されています。

電車で出会った素敵な人に恋した女性が、どんどんエスカレートしてストーカーになり、最後は逮捕されるという非常にリアルな曲です。
思いが募るにつれて、だんだん行為がエスカレートしていく様子が目にうかぶようで、「きゃああああ」と騒ぎながら大笑いしてしまいます。
また、スセリさんの独特の歌い方(語り?)が病みつきになります。

オオタスセリさんは「私の観察日記」というブログもされています。
かなり味があって楽しい内容のブログになっています。

この夏イチオシのアーティスト(笑)、オオタスセリさんは要チェックです!
posted by stress83 at 00:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

近藤嘉宏さんのピアノリサイタル

昨日、家から程近い兵庫県立芸術文化センターに近藤嘉宏さんのニューイヤーコンサートを聴きに嫁さんと行ってきました。

まぁとにかくすごいホールです。
大ホール、すべて木でできています。
響きも非常にやわらかく、いるだけでうっとりとしてしまう感じのする、快適な空間でした。
このホール、4階席まであるんですよ。
そして、この2000席あまりが、ほとんど満員になるという、近藤さんの人気ぶり。

近藤さんのピアノを生で聞くのは初めてでしたが、正直、驚きました。
すごい腕前です。特に、速い旋律が本当にきれい。
そして思いが伝わる懸命な演奏。
「本物の音楽」を間近で見ることができて、感激しました。

最初に近藤さんが今日のプログラムについて説明をして下さいましたが、やさしい語り口でわかりやすかったです。
僕もすっかりファンになってしまいました。
こりゃ人気でるわ、という感じでした。

<プログラム>
ショパン:ノクターン 第8番 変ニ長調
ショパン:ノクターン 第20番 嬰ハ短調 遺作
ショパン:エチュード「別れの曲」
ショパン:エチュード「革命」
ショパン:幻想即興曲
リスト:愛の夢 第3番
リスト:超絶技巧練習曲 第4番「マゼッパ」
ブラームス:3つの間奏曲
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第23番 「熱情」

ショパンとリストの曲はかろうじてどれも聴いたことがあるものばかりでした。
おそらくCM曲を中心に選曲されたと思います。(勝手に予想)

ベートーヴェンは難しかった・・・でもきれいでした。
耳が聞こえなくなってからの作品とはとても思えません。

アンコール曲は4曲。
やたらとアンコールを求める2000人の観衆。

 ショパン:ワルツ第7番
 リスト :ラ・カンパネラ
 ショパン:小犬のワルツ
 リスト :愛の夢

カンパネラ、ヘミング顔負けです。
小犬のワルツ、速くてきれいでした。

終演後、100人以上の行列が。
何事かと思ってみてみると、CDを買った人に近藤さんがサイン会を開いておられました。
すごい人気。

ちょい悪オヤジもいいけど、近藤さんのように清潔感のあるおっちゃんを目指すほうがいいんぢゃないか?と思わずにいられませんでした。

素敵なピアノでおなかいっぱいになりました。
たまには本物の音楽に触れんとあかんなと思った1日でありました。
あまりピアノを聴かない嫁さんですが、感激してくれました。
めでたしめでたし。

今日の曲も入っているCDは↓です。
ピアノを聴きまくる1日も、なかなか良いですよぉ。
幻想即興曲
ユニバーサルクラシック [アーティスト] 近藤嘉宏, [作曲] リスト, [作曲] ショパン, etc.
ASIN:B0000677HT /CD
発売日:2002-06-21
ランキング&評価:75,074位 4
価格:¥ 2,661 [4%off] [2006-01-08 Amache]
4 - 心に刻まれる“音色”
posted by stress83 at 14:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

プロジェクトX やらせ疑惑について

Yahooのトップニュースにも載ってますが、番組内容の一部が事実と異なるということで、異議申し立てがあったようです。

「高校が荒れていた」というエピソードや、「コンクールにパトカーが来ていた」という話はオーバーに描かれてしまった、ということです。
事実に反する内容というのは、ドキュメンタリー番組において、あってはならないと思います。

こういう脚色がなくても、淀川工業高校の演奏内容、実績は素晴らしいものです。
プロジェクトX的ストーリーにはまらなくても、十分ドラマティックだと思います。

私はNHKコンクールに出ていましたので、コンクールの大阪府大会の放送がNHKFMでされます。
自分たちの高校の演奏は、混声ということもあり、やはりばらついているのがわかります。
録音すると、歌の良さが70%に減ると言われています。
高音、低音がカットされるため、広がりがなくなってしまうことも原因のひとつだと言われていますが、相当修練を積まないと、録音して聴くにたえる演奏ができるようにはなりません。
声楽や合唱をされた方で、自分のうたを録音して愕然とされた方もいらっしゃることだと思います。

録音をするのは、合唱を含め声楽の練習にはとても効果があります。
また、講演などの練習も録音して、自分で聴いて修正する方法が良いといわれています。

録音する→聴く→修正するために練習→録音→練習→録音・・・

1時間の間に、3回〜5回、録音したものを修正していく練習をすると、音程の精度が見違えるように良くなります。
最初の録音と、5回目の録音は、別人の演奏になります。
これは、時間を短縮して一気に歌唱力を上げる練習としてとても効果的なのですが、やはり淀工グリーは取り入れていました。
大きなテープレコーダーを1人1台ずつ持って練習している風景を見たことがあります。
今は、小型のMP3レコーダなどが出ていますから、とても便利になりましたね。

そのため、淀川工業高校の演奏は、録音してもあまり色あせない仕上がりでした。
どの演奏を聴いても、録音栄えします。
つまり、それだけひとりひとりが洗練された演奏をしていたということです。
(独特の発声や統率方法など、好き嫌い、賛否両論はありますが)

嘉門達夫の曲をカバーしたり、中島みゆきのファイトを照明の演出をしながら演奏するなど、なかなか定期演奏会のステージもいろいろと知恵を出して、合唱の普及に力を入れています。
淀川工業高校の演奏会は、本当に満員になります。
同じように演奏会を開いたことのある人間として、大きなホールが満員、というのは、一度でいいから主催してみたいと思うほど、難しいことなのです。
淀工は、それだけ人気があるんですね。

プロジェクトXで取り上げられて、オラショも聴けて、カラードの歌も聴けたので、個人的には非常に満足しています。
淀川工業高校の皆さんやや高嶋先生に影響が少ないことを祈るばかりです。

高嶋先生は、定期演奏会でおっしゃっていました。
「合唱ほど、訓練に時間のかかる競技はありません」

過去にとらわれずにこつこつと努力を続けると、大きな夢をかなえることができるという、素晴らしい事例であることは、どんなことがあっても、彼らの演奏録音のごとく、色あせることはないでしょう。

淀工、ファイト。
posted by stress83 at 08:47| Comment(1) | TrackBack(4) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

プロジェクトX「日本一の歌」

こんばんは。
先日、放送されたプロジェクトXの再放送が、関西では早朝01:30から放送されます。
その内容は、合唱関係者を中心に今、かなりの話題を巻き起こしています。

荒れていた大阪府立淀川工業高校に赴任した高嶋先生が、歌を通して子供たちを指導し、見事に全国大会金賞を受賞するまでの足取りを紹介しています。
音楽に取り組む真摯な姿にこころを打たれます。
教育というよりも調教に近いくらいの厳しい練習を通して、目標を実現するために一生懸命取り組み、成し遂げることで得られる達成感を味わってほしいという、命がけの高嶋先生の指導が、子供たちを大きく変えたのでした。
番組の内容については、プロジェクトXホームページをご覧下さい。

さて、私は高校3年間、合唱部で歌いまくる日々を過ごしました。
NHKコンクールという夏の合唱コンクールがありまして、私たちにとっての甲子園のようなものでしたから、練習に明け暮れました。
大阪大会→近畿大会→全国大会という形になっており、それぞれの大会で金賞1校のみが次のステップに進むことができます。
まずは大阪大会を勝ち抜かないといけません。
そして、その当時大阪大会を連覇していた最大の敵が、金賞候補の淀川工業高校でした。
私たちの合言葉は、「打倒淀工」でした。

しかし、それはそれだけ淀川工業高校の合唱が素晴らしいことを認めている裏返しでもありました。高校生活の全てを捧げていると言っても過言ではない練習量。とにかく、練習にあけくれる彼らは、他の追随を許しませんでした。

私たちは結局NHKコンクールでは淀川工業に一度も勝つことができませんでしたが、最後の年は銀賞をもらい、最も肉薄した演奏という講評をいただきました。
まぁ音楽に勝ち負けというのは野暮なものかもしれませんが、やはり3年間で一度は近畿大会に出てみたい、そんな思いをずっと持ち続けていました。

そして、たくさん良い演奏を聴き、その良いところを盗む、つまり真似るということからはじめました。
そんな中、やはり私たちが一生懸命聴いたのが、淀工の演奏でした。
それも、全日本合唱コンクールで金賞に輝いた、「御誦」でした。
FMで放送されたものを録音したそのテープをくり返し聴き、あらためて淀工の演奏がいかにすごかったかをまざまざと思い知りました。
このとき、全日本コンクールに初出場で金賞受賞という快挙を成し遂げた様子が、今日の再放送でも見られると思いますが、すさまじい魂の演奏です。

なぜここまで、演奏に魂がこもるのか。
それは、どれだけ背景を知り、自分が音楽に集中できているかということだと思います。
伝え聞いた話では、淀工では、毎日12時間以上練習し、声、アンサンブルとともに、楽典の勉強やソルフェージュ、さらに曲の背景を勉強するため、関連する本を読んだり、ディスカッションをして解釈を深めたりと、ありとあらゆる手段で、自分を音楽と一体化させる訓練を積むということでした。
さすがに私たちは、そこまでとうていできませんでした。
だから勝てなかったのだと思います。

さて、この全日本金賞を獲得した、今をときめく大島ミチルさん作曲の「御誦(おらしょ)」ですが、この曲は隠れキリシタンの唱えるキリストへの祈りの言葉です。
江戸時代に禁じられていた信仰をひっそりと隠れて続けていた人々の、魂の祈りです。

昨年、私は、遠藤周作さんの女の一生〈1部〉キクの場合という本を読みました。江戸時代に隠れキリシタンの青年と一人の女性の愛と、運命に翻弄されてはかなく散る短い一生が、美しく哀しく描かれています。
この話の中に、隠れキリシタンの人々が唱えるオラショが出てきます。
表現の自由、信仰の自由がない中で、いのちの危険を顧みず、自分の信念を貫く人々の潔さ、魂の強さがこのオラショの中に込められていて、読みながら私のこころの中で、淀工のオラショが哀しく深い響きを奏でるのでした。
きっと、淀工の皆さんは、この話を読まれたか、同じくらいの深いレベルの理解をしてから演奏されていたのではないかと思います。
それが、審査員の方のこころをうったのでしょう。

高校生のとき、テープで淀工の「御誦」を聴いて、泣きました。
先日、女の一生を読みながら、泣きました。
そして、また、プロジェクトXで「御誦」を聴いて、泣きました。

こころを揺さぶる歌は、やはりどれだけこころを、魂を込められるかにかかっているのだな、と改めて思いました。
揺さぶられたこころは、なみなみとした生命力を生み出します。

たまには、男でも、涙を思い切り流して感動してもいいんやな、と思いました。
女の一生、男の一生。



いま0時25分です。
もうあと1時間ほどで再放送が始まります。もし時間の合う方は、ビデオに撮るか、オンタイムでご覧になってはいかがでしょうか。
posted by stress83 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

電車に乗るとき、何をしてますか?

おはようございます。
ゴールデンウィークですね。
それにしても誰がゴールデンウィークという表現を使い始めたんでしょうね?

ちょっと調べてみますか・・・Googleで「ゴールデンウィーク」という言葉で検索してみます。

おっと出てきましたよ。
でもいっぱいありすぎるので「ゴールデンウィークとは」で検索。

おぉ、それらしいのが出てきました。
「4月下旬〜5月上旬の連休のこと。GW。 映画業界で使われ始めた用語」だそうです。

さて、そんな黄金週間も折り返し地点に差し掛かろうという今日この頃ですが、いかがおすごしでしょうか?

いきなり題名と関係ないゴールデンウィーク話で勝手に盛り上がっていますが、それにしても電車は最近怖いですね。
あれからJRによく乗っていますが、かなり遅れるようになりました。
チェックを厳重にしてるからでしょうか?
それとも今までギチギチに運行していたダイヤを、安全第一で行うと、自然に遅れが出るようになっているのでしょうか?
それなら、無理のないダイヤを組んでもらった方がいいですね。

事故のあった近辺は私鉄との競合が激しいので、値下げとスピードアップの両方の下げあいが過熱していたと思います。JRは値下げとスピード以外で何かアドバンテージを見つけないと
かなり減るでしょうね。
MKタクシーとまでは言いませんが、快適な環境を提供するという視点でサービスレベルを向上させるという方向性が必要なのかもしれません。

イコカCMにお金をかけるより、安全装置の整備にお金を使うとか、イコカのカードをテナントとしてスポンサーを募るとか、吊り広告に個人で広告出せるように公募するとか、男性専用車を用意するとか、いろいろ面白いことが考えられると思うんですが、きっとそういう意見を若い社員が出しても上の人がつぶしてきたのかもしれませんね。

おっとっと、なぜかJR批判になってしまいました。
ともかく、小さいときから乗ってきたJRですから、改善し、二度とこのような事故のおきないようにして欲しいと思います。

ここで「JRが悪い」だけで話が終わるともったいないですね。
「自分は改善するところが無いのか?」ということを自問する黄金週間にしたいと思います。
せっかく時間的に余裕があるので、自分の欠点を改善できるよう、今までと視点を変えて、アイデアを連発していきたいと思います。
黄金週間の間に稲盛和夫さんの『生き方』をもう一度読んで、自分の改善をしたいと思います。

さて、本題はいつ出てくるねんというお叱りを受けそうなので、やっと入ります。
電車に乗るとき、あなたは何をしてますか?

・マンガを読む。
 なんといっても、電車といえば、マンガだ!という方は多いですね。
そういえば以前よりもマンガ雑誌を読む方が少し減った氣もしますが。。
私は通勤時間だけで手塚治虫先生の「ブッダ」を読破したことがあります。
途中で乳製品でおなじみの「スジャータ」の車を見かけると、おおぉ、スジャータちゃんの乳粥ではないか!などと口走ってしまいました。
それから、ゴルゴ13を読みながら乗っていると、背後が気になりますね(笑)
ドアを背にしてマンガを読んでる人をみかけたら気をつけてください。
きっとその人はデューク更家、いや間違えた、デューク東郷の気分になっています。

・本を読む。
 フォトリーディングを習得してから、やはり電車は読書の時間です。だいたい1日の往復で200ページ位の本は読めます。読書メモは電車では取りにくいので、家に帰ってからメモします。どうしても書いておきたいことは手帳にメモしてます。
結構人生論や成功法則本が多いですが、特に前述した京セラ・KDDIを創業した稲盛和夫さんの『生き方』には、自分を改善するヒントがたくさん隠れていて、さすが世界の京セラをつくった人だ、と感心しきりでした。松下幸之助さんの本を読んだときのようなさわやかな感動がありました。自分がどれだけ小さい世界で汲々としているかを思い知らされる本です。2回目の宣言ですが、今週中にもう一度読もうと思います。

・音楽を聴く。
 満員電車だと、本やマンガを広げるのがつらいっすよね。
そんなときは音楽ですわ。最近はいいMP3プレーヤーが出てますから、便利ですね。
MP3プレーヤーはCDの曲をMP3形式のファイルに変換することによって容量を小さくできるので、小さなメモリやハードディスクなどの機械にたくさんの曲を入れることができます。
私のおすすめは最近電車の広告などでも見かけるアイリバーという会社のものです。
あまり有名じゃないかもしれませんが、MP3プレーヤーではここがかなりシェアを伸ばしていると思われます。アイリバーのMP3プレーヤーをプレゼントであげたこともあるのですが、故障も少ないし音もいいと喜んでもらいました。
特に、N10という機種がかわいくて機能に優れてて良いと思います。
ゴールデンウィーク中に音楽CDをしこたまファイル変換して、来週から快適なトレインライフを送る、というのも粋ですね。ヒーリングミュージックを聴きながら出勤すると、やさしい1日を過ごせますよ。
それに、最近のものはボイスレコーダ機能もあるので、会議での記録をとったりするにまで使えて、本当にコストパフォーマンスが高いと思います。
説明書もついてて簡単にできますから、ほんまに買いですよ!
あ〜、僕も新しいのをゴールデンウィーク中に買いたい!!買おう!僕のはボロイのだ!
またレポートします!!

今回は電車に乗っている時間を楽しく過ごす方法について、でした!
通勤時間を楽しく過ごす方法、あなたも思いついたらコメント下さい!
楽しくない時間があれば、少しでも楽しくできるように、氣持ちを切り替える方法、一緒に見つけませんか!?

それでは皆さん、よいゴールデンウィークをお過ごし下さい!
posted by stress83 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

やさしいうたで癒されたい。

週末ですね。のんびりしてますか〜?
季節の変わり目、お風邪召されてませんか?
私の周りでは結構風邪をひかれている人が多いです。
私自身は足を痛めたり首を寝違えて回らなくなったりと、エキサイティングに体調が変調をきたしています。

そんな時、家に帰ってふうぅっと深呼吸したら、あぁ癒されたいなぁ、という気持ちになりませんか?
私は、癒されたいです(笑)
もしよろしければ、1クリックで私が癒されます(笑)
人気blogランキング

おいしいもの食べたり、サプリメントを摂ったりして体にビタミンやミネラルを補給したら、こころにもビタミンを補給しないといけませんね〜。

自分を癒してくれるもの、ひとそれぞれですが、私は音楽ですね。
癒しの音楽。

インストゥルメンタルもいいですし、合唱、それも宗教曲なんかいいですね。
こころが安らぎます。
モーツァルトなどはかなり最近医学的にも癒しの効果が証明されているようですね。
ミサ曲なんて、やすらかに眠ってくださいっていう気持ちで歌われるんですから、かなりやすらぎます。
そのまま寝ちゃってもいいですが、永遠に寝ないように注意が必要です(笑)

やさしく、こころを歌い上げるうたもいいですね。
日本歌曲の静かな、やさしい感じの曲なんて、涙が出そうになります。
私の大好きな作曲家で、大中恩さんという方がいらっしゃいます。
私は以前、東京で合唱のコンサートに出させていただいたことがあり、大中先生と呼ばせていただいてます。
「サッちゃん」「犬のおまわりさん」などの童謡で有名な作曲家の大中先生ですが、たくさんたくさん歌曲を作曲されています。
私は、今日は大中先生の作品を集めた、「大中恩 愛の歌曲集V 月曜日の詩集」を聴きます。大中先生の奥様の歌声も素敵です。
日本語って、こんなに素敵なことばやったのね、と少しロマンチックになってしまいます。

歌曲、といえば皆さん音楽の時間などにオーソレミオなどをうたったことがあると思いますが、イタリアやドイツの作品が多いです。プロの方も、外国の歌曲を好んで歌われます。
オペラも外国のものが非常に多いです。
日本人だけが歌い上げることのできる日本歌曲は、実際歌い手の技量がそのまま表現されてしまうために、かなり研鑽をつまないと難しいと思います。
発声や発音の技術のみならず、こころを表現する力と、日本語を正確に理解し、話す力が必要になるからです。
本来であれば、日本人はみんな備えているものなのでしょうが、残念ながら、その力が落ちていっているのが現実です。

そんな中、大中先生は男性ですから当然男心をうたった曲をたくさん作曲されています。
渋いです。かっこいいです。うたっていると、ハードボイルドな男の背中がみえてきます。きっと、大中先生の背中でしょう。
先生にあったことのある女性は、みんな良い意味で「かわいいひと」とおっしゃいます。
かっこよさの中にかわいさがある。そんな男性です。
あんな大人になりたい、という人生の目標になるかっこよさです。

そんな「おとこ」である先生は、女性のこころを巧みに、繊細に歌い上げるうたもたくさん作曲されています。むしろ、女性のこころの歌の方が、圧倒的に多いと思います。
先生は、常に恋をされているそうです。女性のことが大好きなんです。
先生は、もてます。うらやましいですが、わかる氣がします。

そんな、こころの作曲家、大中先生が5月1日に大阪に来られてコンサートをされます。
普通、作曲家の先生ってそんなにしゃべらないんですよ。
でも、大中先生が出演されるコンサートは、必ずマイクでMCが入ります。
ご自分で司会されます。歌よりも話を聴きに行くひとが多いんじゃないかと思うほど、面白いトークです。
おっと、トークばかりご紹介してしまいましたが、コンサートのタイトルがそのものずばり「やさしい心のコンサート」。
5月1日は、日頃のストレスを癒されに行ってください。
コンサートに関する詳しい情報はこちらのサイトをご覧下さい。
私も行きたいっす。チケットはまだあるんでしょうか??
先生のコンサート、人気があるんですよ。

癒されたい。そんな気持ちになったら、このコンサートです。
皆さん、大好きな曲を聴いて、明日も元気にいきましょう!
posted by stress83 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

癒しの音楽 Vol.2 - マントラ

今回あなたにご紹介するのは、マンハッタン・トランスファー(略してマントラ、呪文のことではありません)というグループです。
マンハッタン・トランスファーは超有名グループであり、アカペラ専門グループではありませんが、非常に優れたコーラスワークを誇るグループです。

そして、とても有名なアカペラの名曲があるのです。amazonのCDジャーナルレビューにも「見事なパフォーマンス」という記載があるほどです。
そう、それが「バークレー通りのナイチンゲール」(A Nightingale Sang in Berkeley Square)です。
以前、通勤中の車の中でFMを聞いていたら、この曲がかかりました。ちょっと憂鬱な朝が、一気に幸せな気分になりました。(私が単純なだけかな?)
朝のさわやかな時間に、この曲はぴったりです。コーヒー飲みながら聞きたいですね。

「ベリー・ベスト・オブ・マンハッタン・トランスファー」というCDに収録されているます。
この曲は、ジーン・ピュアリング氏の宇宙的な広がりをもつコーラスアレンジが感動的です。ジーン・ピュアリング氏は、ザ・シンガーズ・アンリミテッドのメンバーとしても有名ですが、私はアカペラアレンジャーの神様だと思っています。氏は他にも、The Real Groupシャンティクリアのアレンジも手がけています。

マンハッタン・トランスファーのベスト版なので、この曲以外にもこのCDにはいい曲がいっぱい詰まっています。「バードランド」や「ルート66」なども、アカペラ以外の曲もとっても素敵で、至極オススメです。
「疲れたときにナイチンゲール」私の定番です。
posted by stress83 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

癒しの音楽 Vol.1 - The Real Group

ストレスがたまったとき、音楽は非常に有効な発散方法です。
イージーリスニングやジャズ、クラシックもいいです。
その中でも特に、アカペラは効きます。聴けば聴くほど効きます(笑)
ハーモニーの中に身をおくと、リラクゼーション効果があります。
ちょっと良いスピーカーを買って、サラウンドでCDを聞くだけで、お家がヒーリングスペースになりますヨ。

おすすめのアーティストは、スウェーデンのジャズアカペラグループ、「The Real Group」です。
日本では知る人ぞ知る、おすすめのグループです。
どうして大ブレイクしないのか不思議なほど、ハーモニーがめっちゃ素晴らしいんです。
日本でも人気のあるアカペラグループ、ハーモニー系のグループもたくさんありますが、リードボーカルの実力、混声なのに徹底的に溶け合うハーモニーは群を抜いて世界一ではないかと思います。
圧巻なのは、楽器を一切使わず、メンバー5人の声だけで演奏しているのですが、楽器があるような厚みがハーモニーで生まれているという、驚くべきハモリレベルです。
楽器を使わない人間の声だけの音楽は、本当に癒し効果が高いと思います。
心がささくれているときには、なぜか涙が止まらないくらい感動することがあります。

さて、これを読まれたあなたは、素朴な疑問が生まれたのではないでしょうか?
「アカペラってよく耳にするけど一体何のこと?」
続きを読む
posted by stress83 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。