2005年05月15日

「こころの揺れ」をしずめる魔法 その1

ストマネでは、おかげさまでたくさんの方が来てくださるようになりました。
Googleで「ストマネ」という言葉を入力して検索すると、1番目に出てくるようになりました。
読んでくださっているあなたに、こころからお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

さて、「ストレスとこころの関係」について、非常にリクエストが増えてきましたので、今日から新しい連載を始めたいと思います。
実は、ストマネではあまり理論的にこころやストレスについて書いてきませんでした。
立ち上げ当初、ストレスについて知識がほとんどなかったということもあり、実践したことだけを書いてきましたが、そろそろ、ストレスマネジメントの根幹について、研究してきたことをご紹介していく必要が出てきました。
この連載が、あなたのお役に少しでも立てば、本当にうれしいです。

この文章を書いている間にも、凶悪な事件が増えています。
安易にひとがひとを殺してますよね。悲しいです。悔しいです。

この背景には、「精神的に波がある」ひとが爆発的に増えているという現状があります。
波がある→憂さ晴らし→すっきりしない→より刺激を求める→・・・という循環が始まってしまっている方も多いのではないでしょうか?
ストレス社会といわれて久しいですが、その発散のしかたに問題があり、それが凶悪事件の頻発につながっていると思われます。
原因はさまざまなところにあると思いますが、選挙に行く人が全体の7割を超えたら、それだけで国が180度様変わりするように、ひとりひとりが異変に氣づいて、小さな成功を積み重ねていかないと、社会が良くなっていかないのではないかと思います。
私個人としては、「個性を生かす」「個人主義」といった、いきすぎた自分中心主義に大きな原因があると思います。

さて、ストレスがたまったらストレス発散をしますよね。
憂さ晴らしともいいますが、憂さ晴らしの大部分は「麻薬」なんです。
食べて晴らす、飲んで晴らす、ゲームなどの趣味に没頭して晴らす、いろいろと憂さ晴らしはありますし、実害はありませんが、全部麻薬なんです。
もちろん、覚せい剤などの本物の麻薬は言わずもがなです。絶対にあきまへん。
憂さも消えるかもしれませんが、人生の可能性やたいせつなひとまで消えます。

かくいう私も、非常にこころが揺れやすい人間で、精神的に弱いものですから、子供のころから食べて憂さ晴らしをしていました。
そのせいで、20代半ばまで、ずっと肥満体でした。

私もこころが千々に乱れる中、成功哲学やストレスに関する本をフォトリーディングし、いろいろなひとに話を聞き、実際に悩んでいるひとの悩み相談を受け、ある大学に入学し、いろいろと考え抜いて、とうとう、揺れを克服する方法を発見しました。
実は、とてもシンプルな方法なのですが、即効性があるとともに、効果は絶大でした。
自分のまわりが少しずつですが良い方向に回り始め、いまとても揺れが少なく、1日1日を楽しく生きています。

それは、「ニコニコすること」です。

この魔法、すでにご存知の方も多いと思いますが、実践している方は非常に少ないです。
誤解も多いです。
常に笑顔でいることは、「作り笑い」とか、「営業スマイル」など、さまざまなことばがあるように、無理して笑っていることは、自分に対してうそをついているから良くない、という風に考える方が多いようです。

しかし、苦しいときに本当に苦しい顔をして、苦しい事態が良くなりますか?
哀しいとき、泣くから余計に哀しくなる、という名言があります。
怒りもそうです。自分の怒りが余計に自分を怒らせるのです。
ケンカの原因って、些細なことが多いですが、人間の増幅力はすごいので、大きないざこざになってしまうんです。

問題が小さいときに笑顔で解決する方法を考え、実行する。
これはとても有効です。

怒りの表情で、怖い顔をしているひとと協力したいと思いますか?
笑顔のひとと楽しくやっていきたいと思うのが人間です。

自分にうそをつくこと事態は良くないですが、良い意味で自分をだますことは、とても大切なスキルだと思います。
マラソンでまだゴールまで遠いけど、もう走りたくない、という気持ちになったときなど、自分をだまして鼓舞することで、完走できるまで走れてしまうんですね。
潜在意識に笑顔で、前向きなことばをかけ続けて、問題を解決する。
小さな問題がこの方法で解決できるようになったら、あなたの精神状態も、まわりのひとも、悩んでいた問題そのものも、少しずつ良い方向に向かっていきます。
あとはあきらめずにこつこつ、微笑みながら毎日問題解決と改善に取り組めば、思っていたより早く、大きな改善、望ましい結果が得られるでしょう。

とにかく、微笑みましょう。
外からこころを変えましょう。
ほほの筋肉を上げて、「にっこりしよう」とこころで思ってください。
そんな気分にならなくても、「にっこりしよう」と思って、微笑んでください。

とにかく、今から、やってみましょう。
変わりますよ。本当に変わります。
やったひとにしかわからないのですが、マイナスが消え、プラスのことが起こります。

では、どれだけ続けたらいいんでしょうか?という質問もよくいただきます。
ほほえむだけでなく、世の中のどんなことでも、この法則があてはまるそうです。

21日で習慣にできます。
 →やるのが苦にならなくなります。
90日で体得できます。
 →体が覚えて、なにも考えなくても自然にできるようになります。

石の上にも3年といいます。
3年続けば、周りのひと全てが、微笑みになっているでしょう。
そして、あなたは、周りのひとに感謝されるひとになっていることでしょう。

まずは、21日間。
これを今日15日に読んだあなたは、6月5日まで続けて見てください。
何かが変わりますよ。
小さな変化を見逃さないように、微笑みましょう。

次回は、「望みどおりに行くには、あなたが望みを知る必要がある」ということについて、お話したいと思います。
ありがとうございました。

2005年05月13日

プロジェクトX「日本一の歌」

こんばんは。
先日、放送されたプロジェクトXの再放送が、関西では早朝01:30から放送されます。
その内容は、合唱関係者を中心に今、かなりの話題を巻き起こしています。

荒れていた大阪府立淀川工業高校に赴任した高嶋先生が、歌を通して子供たちを指導し、見事に全国大会金賞を受賞するまでの足取りを紹介しています。
音楽に取り組む真摯な姿にこころを打たれます。
教育というよりも調教に近いくらいの厳しい練習を通して、目標を実現するために一生懸命取り組み、成し遂げることで得られる達成感を味わってほしいという、命がけの高嶋先生の指導が、子供たちを大きく変えたのでした。
番組の内容については、プロジェクトXホームページをご覧下さい。

さて、私は高校3年間、合唱部で歌いまくる日々を過ごしました。
NHKコンクールという夏の合唱コンクールがありまして、私たちにとっての甲子園のようなものでしたから、練習に明け暮れました。
大阪大会→近畿大会→全国大会という形になっており、それぞれの大会で金賞1校のみが次のステップに進むことができます。
まずは大阪大会を勝ち抜かないといけません。
そして、その当時大阪大会を連覇していた最大の敵が、金賞候補の淀川工業高校でした。
私たちの合言葉は、「打倒淀工」でした。

しかし、それはそれだけ淀川工業高校の合唱が素晴らしいことを認めている裏返しでもありました。高校生活の全てを捧げていると言っても過言ではない練習量。とにかく、練習にあけくれる彼らは、他の追随を許しませんでした。

私たちは結局NHKコンクールでは淀川工業に一度も勝つことができませんでしたが、最後の年は銀賞をもらい、最も肉薄した演奏という講評をいただきました。
まぁ音楽に勝ち負けというのは野暮なものかもしれませんが、やはり3年間で一度は近畿大会に出てみたい、そんな思いをずっと持ち続けていました。

そして、たくさん良い演奏を聴き、その良いところを盗む、つまり真似るということからはじめました。
そんな中、やはり私たちが一生懸命聴いたのが、淀工の演奏でした。
それも、全日本合唱コンクールで金賞に輝いた、「御誦」でした。
FMで放送されたものを録音したそのテープをくり返し聴き、あらためて淀工の演奏がいかにすごかったかをまざまざと思い知りました。
このとき、全日本コンクールに初出場で金賞受賞という快挙を成し遂げた様子が、今日の再放送でも見られると思いますが、すさまじい魂の演奏です。

なぜここまで、演奏に魂がこもるのか。
それは、どれだけ背景を知り、自分が音楽に集中できているかということだと思います。
伝え聞いた話では、淀工では、毎日12時間以上練習し、声、アンサンブルとともに、楽典の勉強やソルフェージュ、さらに曲の背景を勉強するため、関連する本を読んだり、ディスカッションをして解釈を深めたりと、ありとあらゆる手段で、自分を音楽と一体化させる訓練を積むということでした。
さすがに私たちは、そこまでとうていできませんでした。
だから勝てなかったのだと思います。

さて、この全日本金賞を獲得した、今をときめく大島ミチルさん作曲の「御誦(おらしょ)」ですが、この曲は隠れキリシタンの唱えるキリストへの祈りの言葉です。
江戸時代に禁じられていた信仰をひっそりと隠れて続けていた人々の、魂の祈りです。

昨年、私は、遠藤周作さんの女の一生〈1部〉キクの場合という本を読みました。江戸時代に隠れキリシタンの青年と一人の女性の愛と、運命に翻弄されてはかなく散る短い一生が、美しく哀しく描かれています。
この話の中に、隠れキリシタンの人々が唱えるオラショが出てきます。
表現の自由、信仰の自由がない中で、いのちの危険を顧みず、自分の信念を貫く人々の潔さ、魂の強さがこのオラショの中に込められていて、読みながら私のこころの中で、淀工のオラショが哀しく深い響きを奏でるのでした。
きっと、淀工の皆さんは、この話を読まれたか、同じくらいの深いレベルの理解をしてから演奏されていたのではないかと思います。
それが、審査員の方のこころをうったのでしょう。

高校生のとき、テープで淀工の「御誦」を聴いて、泣きました。
先日、女の一生を読みながら、泣きました。
そして、また、プロジェクトXで「御誦」を聴いて、泣きました。

こころを揺さぶる歌は、やはりどれだけこころを、魂を込められるかにかかっているのだな、と改めて思いました。
揺さぶられたこころは、なみなみとした生命力を生み出します。

たまには、男でも、涙を思い切り流して感動してもいいんやな、と思いました。
女の一生、男の一生。



いま0時25分です。
もうあと1時間ほどで再放送が始まります。もし時間の合う方は、ビデオに撮るか、オンタイムでご覧になってはいかがでしょうか。
posted by stress83 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

私の足と情報セキュリティの不思議な関係

不思議な関係シリーズその2です(笑)

私の足とプライバシーマークの不思議な関係」でご紹介した足の痛みが、やっとほぼ全快しました。

あの時は足を痛めて、といってましたが、素直に白状します。

マメが爆発して足がひでぶになってましたので、あわてて近くの名医といわれる皮膚科にいくと、「えらいひどいな」といわれました。

診断は、「足白癬」。
足白癬と書くと「お、なんかえらい病気か?」と思ってしまいますが、

「水虫」


でした。

なんや水虫程度でガタガタいうな、このヘタレが!と思われたかもしれませんが、実はこの水虫という病気はかなり強敵なのです。

今はとてもよい薬が出ているので1ヶ月で治ります。
それでも、1ヶ月は水虫の菌(白癬菌というカビの一種)の胞子が皮膚のあちこちに残っていて、また再発する可能性があるからなのです。
1ヶ月というのは肌のターンオーバー(細胞の入れ替わり)が約28日で行われるので、新しい足の皮膚細胞が健康なものに入れ替わった時点で完治、ということになります。

かつては「水虫の薬を発明したらノーベル賞がもらえる」といわれたほど、薬を作るのが難しかったそうです。白癬菌というカビは昔から人を苦しめてきたのですね。

今回は、なかなか「水虫にかかった」ということが恥ずかしくて、人に言えませんでした。
ずっと、「足を怪我しまして」って言い訳してました。
でもマメができ、破裂したあと、その部分がかぶれていたので、歩くたびにめちゃくちゃ痛いんです。だからずっと足をひきずって歩いてました。
浸出液で靴下が半分ほどつねにジュクジュクという状態でした。
ガーゼをしてもおかまいなしにあふれてくるあの液には、まいりました。
まぁ液が出る自体は痛くもかゆくもないのでいいんですが、気持ち悪くて、マメの部分は痛くて、ということで、精神的になかなか休まりませんでした。

でもいきなりこんなにひどくなったのではありません。
あれ、なんかかゆいなぁ、と思ったのは、マメが破裂する2週間ほど前。

 うーむ、なんか足の皮が少しむけてるで、アヤシイなぁ。
 どうもスポーツジムでもらってしもたみたいやな。
 でも医者行くのイヤやしめんどくさい。


こんな具合でほうってたんです。
今思えばあの時医者に行ってれば、たいしたことにならずにすんだのに。
約2週間、自由に歩けず苦しみました。
そして、足を拭くタオルを別にし、掃除をこまめにするとともに、毎日薬を塗って、ガーゼを貼るという生活をしていました。不便でした。

足が痛くなくて、普通に歩けるときは、歩けて当たり前、走れて当たり前、という感覚で生活してしまいます。
しかし、いざ歩けなくなると、歩けるってことが本当に素晴らしいことであるということを思い知らされます。
足をひきずって歩いていると、バリアフリーの大切さも良くわかります。
なってみないとわからないことって多いんですね。
また、不自由さを「あぁ不自由だ、やだなぁ」ととらえるのではなく、何か得られないかと思いながらその生活を送れば、必ず得られるものがあります。
私は、今回の病気で、自由に歩けることがどれだけありがたいかということを身にしみて思い知りました。

さて、今回、私はなぜ失敗したのでしょうか?
どこが悪かったのでしょうか?
頭が悪い?性格が悪い?ほっといてんか(笑)

「足の不調を気づいていたのに何もせずにほっといた」ということです。

情報セキュリティに関しても、トラブルが起きる前にたいてい、何らかの変化や不具合など、小さな小さなアクシデントが発生しています。
その小さな兆候を見過ごしたり、わかっていても「まぁ大丈夫だろう」という形でやり過ごすことが、後々大きな事件を招いているのです。

コンピュータウィルスも、感染して初めてことの重大さに氣づきます。
情報漏えいも、ほんの出来心が大きな社会問題を引き起こし、下手をすると企業の存亡に関わります。
ですから、小さな兆候に氣づいたら、即座にその対応をするということを肝に銘じる必要があります。

もし、あなたのパソコンにコンピュータウィルス対策をしていないとしたら、このブログを見て小さな兆候に氣づいたのですから、まずは対策しましょう。
たとえば、ウイルスセキュリティ2004は、1980円と安価な上に必要な機能が使いやすいので、おすすめです。
もし腕に覚えのある方は、フリーのアンチウィルスソフトを導入するのもよいと思いますが、やはり対応の早さ、パターンファイルの更新(ウィルスを駆除するデータベースの更新)サービスの頻度などは、まれに不具合もありますが、やはりトータルで考えると商用のソフトウェアの方がよいと思います。
安全を買う、というのはとても有益な投資だと私は考えます。

私の水虫も氣づいたときに医者に行っておけば、もっと治療費も安く、痛みも伴わずに済んだと思います。
今までの情報漏洩事件や先日のJR福知山線列車事故についても、もっと問題が小さいときに対処をしておけば防げた部分が多いのではないでしょうか?

情報セキュリティは予防医学と同じです。
問題を想定して対処することが必要ですので、私ももっとスポーツジムで氣をつければ良かったのですが、今まで水虫になったことがないから、まったく氣にしませんでした。
でも、これからは氣をつけて、足を良く洗って、薬を持参してジムに行きます。
転ばぬ先の杖、といいますが、やはり水虫も情報セキュリティの脆弱性も、早期発見・早期治療が大切です。

さぁ、思い立ったら吉日です。
ウィルス対策がまだの人は、導入しましょう!
何か既に氣づいている問題があれば、対応策を施しましょう!
大ごとにならないうちに、想像力をフルに活用して、「当たり前」の状態をつくりあげましょう!

「当たり前のことを当たり前にする」のがプロの仕事だ、とドラゴンズの落合監督はおっしゃったようです。
「当たり前のことを当たり前にする」ことが思った以上に大変で、そしてありがたいことかを、水虫が教えてくれました。

ありがとう、白癬菌。
でも、もう僕の足には悪さするなよ(笑)
posted by stress83 at 00:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

プロレスブログはじめました!

かねてから念願だった、プロレスブログを始めることにしました。
以前、「ブログは便利です。」で宣言しましたとおり、エキサイトブログで始めました。
画像をアップロードしやすいから便利でっす。

これは自分にとっては大きな変化です。
世の中にとってはミジンコ並みの小さな変化ですが(笑)

必殺技迷鑑−プロレス・総合格闘技・K-1−
 http://finishhold.exblog.jp/


往年のプロレス技について、さまざまなエピソードを交えて、明るく・楽しく・激しく語り、プロレスのゴールデンタイム復帰を願うブログです。

プロレスについて情報発信するのは、いままでためらいがありました。
なぜか・・・?
ただでさえマニアの方が多いプロレスファンですが、内容の素晴らしいWebサイトが非常に多いので、私ごときが発信するのはいけないのではないか、とずっと思っていました。

しかし、フォトリーディングのセミナーで出会った、ローリーさんという、私の心の師が
「初心者の人は君ほどプロレスに詳しくないから、好きなことを発信することは初心者の人のためになるよ。」
と励まして下さり、よーく考えて、悩んで、というのを繰り返して、
「やっぱり情報発信しよう!」
と今回、思い立ちました。
5月という季節が、何か新しいことを始めさせるのかもしれません。

しかし、私のプロレスに関する知識は、古い上に記憶があやふやなのです。
間違ったことを発信することもあるかと思いますが、ご勘弁ください。
先にお詫びしときますm(__)m

私とプロレスの出会いは、20年以上前にさかのぼります。

私は小学校の頃から親にプロレスを見せられていました。
週3回、「はじまるぞー!」と呼ばれます。
テレビの前に父と弟と3人ちゃんと座って、テレビ観戦です。

 1回目:火曜日 20:00〜21:00 テレビ大阪 「世界のプロレス」
 2回目:金曜日 20:00〜21:00 ABCテレビ「ワールドプロレスリング」
 3回目:土曜日 19:00〜20:00 読売テレビ 「全日本プロレス中継」

最初からプロレス大好きではなかったと思います。
父親からよく技をかけられて痛い思いをしていましたし、ギブアップという言葉を知らずに「降参!」と言うと「お前はまだ小学生じゃ」という、週刊ゴングの竹内さんの甲高い解説が必要なほど訳わからんダジャレを言い放ち、関節技をなかなかブレイクしてくれませんでした。
(降参→高3、つまり高校3年生)

気の弱い子だった私は、なかなか痛そうなプロレスは好きにならなかったと思うのですが、やはりヒーローが出てくると面白くなってきて、自分から欠かさず見るようになりました。

うちの家族でプロレスが大ブレイクしたのは、アニマル&ホークのロードウォーリアーズ(アメリカではリージョン・オブ・ドゥーム)でした。アニマルが相手を頭上に高々と持ち上げて、上下運動をした後にボディスラムでたたきつけるリフトアップスラムや、ロープにふった相手の頭くらいの高さに飛んでいくジャンピングヘッドバット、そして仕上げのダブルインパクト(相手をアニマルが肩車し、トップロープからホークがダイビングラリアット)といった、今までに見たことがない華麗な技の数々に、熱狂してました。
ちょうど、全日本プロレスに参戦していて、鶴龍砲(ジャンボ鶴田と天龍源一郎の最強タッグチーム)との闘いが見ものでした。

そして、横綱輪島の全日本プロレスデビューです。
今思えばあまりいい動きとはいえませんが、その当時は黄色いトランクスでスピニングトーホールドをかける輪島選手をキャーキャー言って応援してました。
そんな輪島さん、今はアメフトの監督をされているそうです。
もともと相撲界出身が多いプロレス界(なんせ日本にプロレスを伝えた力道山先生が角界出身)ですが、横綱というのは関取の中でも別格で、今までプロレスのリングに上がった人では関脇である力道山先生が最高位でした。
輪島選手を皮切りに、元横綱双羽黒の北尾光司や曙のデビューがあったわけで、何事にも偉大な先駆者がいるわけです。
輪島さんは横綱時代、左上手投げを得意としていて、「黄金の左腕」や「伝家の宝刀」と呼ばれているほど、神格化された豪腕でした。
その豪腕から名前をとった、「ゴールデンアームボンバー」という必殺技を武器に、熱い戦いを繰り広げていました。
この技が、後に全日本プロレスに入門して四天王になる田上明(現プロレスリング・ノア)の必殺技、のど輪落としの原型になったと私は信じています。

その後、中学生のときはまったく見なくなりましたが、高校に入って部活の先輩がみんなプロレスファンだったので、また見るようになりました。
しかし、そのときにはすでに放送枠が深夜になっていて、非常に残念でしたが、いつもビデオのタイマー録画をして、後日腕立て伏せしながら見ていました(笑)

プロレスに関するお話はブログで詳しくご紹介しますので、この辺で止めます。
おそらく内容も文体もこんな感じになると思いますし、私の引き出しはご覧の通りとても古いですから、間違っている場合もあります。

私も一種の病気なのか、プロレス話を書き始めると「あぁ〜とまらない〜」という感じで時間を忘れて書きなぐってしまうのです。かっぱえびせんと同じくらい止まりません。

というわけで、もし気が向いたらプロレスブログも見てやって下さい。
全くプロレスを知らない方も、意外と新しい発見があるかもしれません。

好きなことを何らかの形で表現するって、ほんと楽しいですね。
その表現方法が、自由自在であればあるほど、楽しさが大きくなります。
歌をうたうにも、歌う場所が必要ですね。
本を出したくても、出版しないといけませんね。
フリーペーパーなどを作って配布するとしても、コストがかかりますね。

しかし、ホームページやブログは、インターネット環境さえあれば、無料で情報発信できるというのは、より自由自在度になれる可能性が高いですね。
しんどくない、というのは大きな要素です。
そして、誰にも文句言われることなく、情報発信できるんです。

特に、お金もなく、無名の個人にとっては、すごいメリットですよね。
ブログだと、背景決めて、文章をカタカタっと作って送信ボタンを押すだけで見栄えのよいサイトができるので、ほんとにありがたいです。
こんなプロレス情報、いままで発信したくてもできませんでしたし、とりあえずやってみて、ダメなら止めよう、という気軽さがいいですね。

自分が思っているようにことが進まない→ストレスがたまる→イライラ→うまくいかない・・

という悪循環に陥ったあなた。
まず、自分がどう思っているか、どううまくしたいのかを、自分がきちんと整理することが、悪循環を断ち切る糸口です。
それを整理するには、自分の言葉で自分の思いを書くことです。
この作業に、ブログは最適です。

書き始めたら、書こうというモチベーションが下がることが多いです。特に3日目くらい。
失敗したことを書くときなど、書いてて自分が嫌になります。
それでも書き続けるとわかります。
この苦しい過程を経ることが、最も早く立ち直れるということを。
だから、安心して苦しめるのです。

そんなときは、それを読んでくれる読者がいる、ということが励みになって、また書けるようになります。
あなたの思いに共感して、コメントやメールをくれる人までいます。
めちゃめちゃうれしいですよ。
自分の失敗談やどうでもいい話が、ファンを呼ぶ。こんな素敵な話はありませんよね。

私は、嫌なことなどの毒は、ヤケ酒などの「外の毒」ではなく、自分自身の言葉、つまり「内なる毒」で制するのが一番効果的だと信じています。
あなたも、内なる毒、いや好きな情報を発信してみてはいかがですか?
ジョギング並みに、ストレス発散できますよ。
>>ブログをはじめる
posted by stress83 at 13:44| Comment(5) | TrackBack(2) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

プチリタメルマガで紹介されました。

おはようございます。
今日はストマネに珍しい、速報です。

あなたは、「プチリタ」ってご存知ですか?
意識の高いあなたなら、本屋さんで見かけたことがあるはず。
正確には、「何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法」という本です。

その「プチリタ」、すなわち「プチリタイヤ」の生みの親の石井さんのメールマガジンで、ストマネが紹介されました!

「何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法」
http://www.mag2.com/m/0000116971.htm

なんと、5万部以上の配信部数を誇るメールマガジンです!
石井さん、ありがとうございます(ってお会いしたことはありませんが)
私も5万分の1です。

石井さんのメルマガや本は、衝撃的なんです。
勝手に名づけるとしたら、「スピリチュアルゲリラ」という感じでしょうか。
本の題名だけみても、良い意味でかなり極端です。

■「会社は絶対、やめていい! 自由になれば、お金も幸せも手に入る
この本は、別名「カイヤメ」です。

■「カレデキ
○○○と○○○をくっつける技術!?」でご紹介した、おすすめの本です。
ストマネのヘビーローテーションかも!?

カイヤメを読んだ人で、だいぶ会社を辞めてプチリタをされた方が多いそうです。
イヤな仕事は辞めて、自分の好きなことで自由な時間を作ろう、というのがコンセプトです。
最近、めちゃくちゃ流行っている考え方ですね。

石井さんのメルマガは、賛否両論です。
「あんなもんまちがってる」という方も非常に多いです。
だって、会社辞めないやつはダメだ!って平気でメルマガで書いてるっていうのは、普通ではありませんね。

しかし、よく読んでみると、「この人はやっぱりコツコツ勉強してるなぁ」というのがよくわかります。
私がフォトリーディングという言葉を初めて知ったのも、実はこの石井さんのプチリタメルマガなのです。本当にありがとうございます。
私は会社は絶対に辞めませんが、プチリタメルマガの重要なポイントや石井さんのマインド、プチリタの考え方を習得して、プラスに活かしています。

むしろ、会社を辞めずに自分の快適な居所を作り、自分が組織に一番良い形で貢献するためのこころの持ちようを、今後このブログでは紹介していきたいと思います。

セミリタイヤ志望者が相当な数で増えているようです。
本屋さんに行けばわかります。
リタイヤ関連、サラリーマン副業関連の書籍がめちゃめちゃ増えています。
私は、異常な状態だと思っています。

組織の人間関係に疲れて、リタイヤしたいという氣持ちは、本当によくわかります。
でも、これを克服できない人はひとりになってもやっぱり人間関係を構築するのに苦労するんぢゃないか?と思います。

私はこういう考え方です。
ですから、石井さんのような発想が湧かないのです。
ですから、石井さんの本を読んだり、メルマガを読んだりして発想のキャパシティをとても楽しく広げることができています。

おすすめは、石井さんの自分史。これは面白いです。
http://www.1naitei.com/jibunshi.htm

世の中にはいろいろな考え方のひとがいます。
だから素直に、自分に無いものを吸収すると、ひとまわり大きく成長できると思います。
posted by stress83 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ストレス発散ブックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

電車に乗るとき、何をしてますか?

おはようございます。
ゴールデンウィークですね。
それにしても誰がゴールデンウィークという表現を使い始めたんでしょうね?

ちょっと調べてみますか・・・Googleで「ゴールデンウィーク」という言葉で検索してみます。

おっと出てきましたよ。
でもいっぱいありすぎるので「ゴールデンウィークとは」で検索。

おぉ、それらしいのが出てきました。
「4月下旬〜5月上旬の連休のこと。GW。 映画業界で使われ始めた用語」だそうです。

さて、そんな黄金週間も折り返し地点に差し掛かろうという今日この頃ですが、いかがおすごしでしょうか?

いきなり題名と関係ないゴールデンウィーク話で勝手に盛り上がっていますが、それにしても電車は最近怖いですね。
あれからJRによく乗っていますが、かなり遅れるようになりました。
チェックを厳重にしてるからでしょうか?
それとも今までギチギチに運行していたダイヤを、安全第一で行うと、自然に遅れが出るようになっているのでしょうか?
それなら、無理のないダイヤを組んでもらった方がいいですね。

事故のあった近辺は私鉄との競合が激しいので、値下げとスピードアップの両方の下げあいが過熱していたと思います。JRは値下げとスピード以外で何かアドバンテージを見つけないと
かなり減るでしょうね。
MKタクシーとまでは言いませんが、快適な環境を提供するという視点でサービスレベルを向上させるという方向性が必要なのかもしれません。

イコカCMにお金をかけるより、安全装置の整備にお金を使うとか、イコカのカードをテナントとしてスポンサーを募るとか、吊り広告に個人で広告出せるように公募するとか、男性専用車を用意するとか、いろいろ面白いことが考えられると思うんですが、きっとそういう意見を若い社員が出しても上の人がつぶしてきたのかもしれませんね。

おっとっと、なぜかJR批判になってしまいました。
ともかく、小さいときから乗ってきたJRですから、改善し、二度とこのような事故のおきないようにして欲しいと思います。

ここで「JRが悪い」だけで話が終わるともったいないですね。
「自分は改善するところが無いのか?」ということを自問する黄金週間にしたいと思います。
せっかく時間的に余裕があるので、自分の欠点を改善できるよう、今までと視点を変えて、アイデアを連発していきたいと思います。
黄金週間の間に稲盛和夫さんの『生き方』をもう一度読んで、自分の改善をしたいと思います。

さて、本題はいつ出てくるねんというお叱りを受けそうなので、やっと入ります。
電車に乗るとき、あなたは何をしてますか?

・マンガを読む。
 なんといっても、電車といえば、マンガだ!という方は多いですね。
そういえば以前よりもマンガ雑誌を読む方が少し減った氣もしますが。。
私は通勤時間だけで手塚治虫先生の「ブッダ」を読破したことがあります。
途中で乳製品でおなじみの「スジャータ」の車を見かけると、おおぉ、スジャータちゃんの乳粥ではないか!などと口走ってしまいました。
それから、ゴルゴ13を読みながら乗っていると、背後が気になりますね(笑)
ドアを背にしてマンガを読んでる人をみかけたら気をつけてください。
きっとその人はデューク更家、いや間違えた、デューク東郷の気分になっています。

・本を読む。
 フォトリーディングを習得してから、やはり電車は読書の時間です。だいたい1日の往復で200ページ位の本は読めます。読書メモは電車では取りにくいので、家に帰ってからメモします。どうしても書いておきたいことは手帳にメモしてます。
結構人生論や成功法則本が多いですが、特に前述した京セラ・KDDIを創業した稲盛和夫さんの『生き方』には、自分を改善するヒントがたくさん隠れていて、さすが世界の京セラをつくった人だ、と感心しきりでした。松下幸之助さんの本を読んだときのようなさわやかな感動がありました。自分がどれだけ小さい世界で汲々としているかを思い知らされる本です。2回目の宣言ですが、今週中にもう一度読もうと思います。

・音楽を聴く。
 満員電車だと、本やマンガを広げるのがつらいっすよね。
そんなときは音楽ですわ。最近はいいMP3プレーヤーが出てますから、便利ですね。
MP3プレーヤーはCDの曲をMP3形式のファイルに変換することによって容量を小さくできるので、小さなメモリやハードディスクなどの機械にたくさんの曲を入れることができます。
私のおすすめは最近電車の広告などでも見かけるアイリバーという会社のものです。
あまり有名じゃないかもしれませんが、MP3プレーヤーではここがかなりシェアを伸ばしていると思われます。アイリバーのMP3プレーヤーをプレゼントであげたこともあるのですが、故障も少ないし音もいいと喜んでもらいました。
特に、N10という機種がかわいくて機能に優れてて良いと思います。
ゴールデンウィーク中に音楽CDをしこたまファイル変換して、来週から快適なトレインライフを送る、というのも粋ですね。ヒーリングミュージックを聴きながら出勤すると、やさしい1日を過ごせますよ。
それに、最近のものはボイスレコーダ機能もあるので、会議での記録をとったりするにまで使えて、本当にコストパフォーマンスが高いと思います。
説明書もついてて簡単にできますから、ほんまに買いですよ!
あ〜、僕も新しいのをゴールデンウィーク中に買いたい!!買おう!僕のはボロイのだ!
またレポートします!!

今回は電車に乗っている時間を楽しく過ごす方法について、でした!
通勤時間を楽しく過ごす方法、あなたも思いついたらコメント下さい!
楽しくない時間があれば、少しでも楽しくできるように、氣持ちを切り替える方法、一緒に見つけませんか!?

それでは皆さん、よいゴールデンウィークをお過ごし下さい!
posted by stress83 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

あきらめずに頑張れば、ゴールに着く。

私には、なぜか個性的な友人が多いです。
なぜでしょうか???うーん、わからん。
類は友を呼ぶ?僕も個性的なのか!?

さて、そんな友達の1人、タケシから、昨日めっちゃ面白いメールをもらったので、特別に、彼に許可をもらってあなたにご紹介します。
ダジャレ好きのやつなので、理解するのに時間がかかるシャレがちりばめられています。
ツッコミながらお読み下さい。

========↓ここから========

実話シリーズ Vol.1

「平成17年 限界チャレンジその1 〜関西をウォーカー〜」

この話は、じつは実話です。
今朝、素晴らしい体験をしました。

午前1時半。
お店を出ました。もう電車はありません。
なぜ電車がないかというと、きっと全運転手がトイレに行っているからだと思われます。

行列のできる厠。行ってみたい!行ってみたいか?
厠に行きたいかー!?オー!

では問題です。
厠と雪隠はどっちがご不浄でしょう?正解はトイレです!
・・・。ウルトラクイズか。

突如現れた福留さんは置いといて、先を急ぎます。そうです。急がねば。
このままでは寝れません。徹夜必至です。頑張ります。コリャ鉄也、頑張らんか!

空車だらけのタクシー軍団を横目に見ながら、2号線に出て、ずっと歩きます。
ひたすら歩きます。ひたすら歩きます。

すると、新福島駅まで来ました。
ウシミツどき、そろそろ、眠くなってまいりました。zzz...

ゴン!!

凄い音がしました。
何が起きたのか・・・と思った瞬間、僕はコケていました。
どうやら眠いので寝ながら歩いてたら、目の前の花壇に両すねを激しく打ちつけ、腫れあがってしまった模様です。軽い流血騒ぎです。
猪木対ブッチャーの試合のようです。
でも、忘れ物や落し物もないようなので、痛いながらもそのまま出発。
プロレスラーは気合で乗り切らないといけないんだー!なぁ京子、オイ!オイ!オイ!

しかし、おかげで目が醒めて、すっきりした気分で歩いていたら、大きな橋にさしかかりました。怪我の功名です。
夜なのでよくわかりませんでしたが、明らかにめっちゃでかい川。
そう、淀川です。ヨドリバー!ヨドガワリバー!どっち?

淀川を渡りきるのに5分以上かかりました。
あ、念のため言っておきますが、泳いで渡ったんじゃないですよ。
いやぁ、ホントに幅広い川です。さすが淀川。
さいなら、さいなら、さいなら、と淀川にベタな別れを告げ、どんどんあるきます。

そして、やっと尼崎市へ突入。
がんがんあるく、ひたすらあるく。
しんどくなってきましたが、心を折らずに頑張って歩きます。
そうだ、歌おう、歌って気を紛らわすぞ!
「支払いの自由〜♪支払いの自由〜♪」なぜこの曲だ!?
別に中山エミリファンではないはずだ!

まだ店のカンバンの電話番号は06です。まだ尼崎ということです。
はやく西宮の市外局番にならんもんかと思いながら頑張って歩きます。
たまに走るパトカーになぜかビビる僕。

午前4時を過ぎた頃。
またもや大きな川にさしかかりました。
武庫川です。武庫川の向こう側に行きたいのです。
何はともあれ、淀川から武庫川まで歩いて来れたのにまず感動。
そして、もう親でも子でもないわ!に勘当。

橋の上に市の境界線があり、とうとう西宮市へ突入。
思わず猿岩石のように、せーので市の境界線をジャンプしてしまいました。
朝4時に、スーツ姿のアホひとり、橋の上にて小躍り。

朝になると、カラスがめちゃ飛んでくる。
数羽に襲われた。かーかー言うな!
頼むから、頭の上をかすめて飛ぶんぢゃない!怖いだろ!!
お願いだから♪

午前5時20分。
出発して4時間を経過した頃、自宅へ到着。
総距離、なんと17km!一晩、4時間で歩ききりました!
平均時速4.25kmという猛スピード(笑)

いやぁ、よく頑張った。スーツはドロドロです。
ベッドに横たわった僕は、泥のように眠りにつきました。前後不覚です。
今日の行動すべてが不覚です。深く反省してます。

今日の一言。
「道はつながっている。あきらめずに頑張れば、必ずゴールに着く。」

<おわり>

========↑ここまで========

相変わらず、無茶をする奴です。なぜタクシーに乗らなかったのか不思議。
お金なかったのかな。

最後の名言には、心打たれます。
私も見習おうかな、いや見習うまい。
教訓だけいただきます♪

タケシいわく、もし反響が大きければ、シリーズ化を考えているらしいです。
体張るのはもうやめとき、って言ってます(笑)

ではでは。
posted by stress83 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

1分1秒を大切に。

尼崎の電車事故で、たくさんの貴重な命が散りました。

私は普段、無駄に過ごしている時間があります。
明日死ぬかもしれないのに、そのときの快感を求めて、適当に過ごしています。

1分1秒を大切に、最も大切なことを、最も大切にしたいと思います。
大切なひとと、大切な時間を過ごしたいと思います。
そして、余裕を持って遅刻することなく準備し、時間に追われないようにしたいと思います。

1瞬1瞬を精一杯生きる、と当たり前のように言いますが、
本当にできてません。まったく出来てません。

事故に遭われた方のご冥福を心からお祈りいたします。
私は、この事故を通して、精一杯生きることを改めて心に誓うことができました。
posted by stress83 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ストマネ流トラブル対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○○○と○○○をくっつける技術!?

これからの世の中、「くっつける技術」が必要だといわれています。

「くっつける技術」とは、何と何をくっつけるのでしょうか?
考えてください。下の○に3文字づつ入ります。

「○○○と○○○をくっつける技術が求められている。」

さぁ、考えてみましょう!!

(30秒経過☆)

カンカンカン!(ゴングの音)
終了!

正解は、

 「おとことおんなをくっつける技術が求められている。」

でした。

ここでいう技術、といっても工業技術などのハイテクなことではありません。
そして、エッチの話でもありません。残念ながら・・・(笑)

これは、心理学、人間学の上での技術が求められている、ということです。

周りを見回してください。
男性、女性を問わず、結婚をしたいと思っているのに、相手が見つからない、という人が非常に多いと感じませんか?
美男、美女であったり、経済的に安定していて結婚願望があるにもかかわらず、パートナーが見つからない、という人が増えているようです。

統計的な話はわからないのですが、私のまわりでも最近、20代後半〜30代前半にかけて、このような悩みを持つひとが多いです。
だれかいい人いないかな、という話をよくききます。
とても素敵な人であるのにも関わらず、です。

手前味噌で恐縮ですが、リバウンドゼロダイエットでも書きましたが、一度離婚しています。
離婚と結婚、どっちがパワーが必要か?という質問を受けることがありますが、私は迷うことなく「離婚の方がパワーが必要です」と答えています。
私の場合、結婚するときも話がこじれてややこしいことになり、パワーが必要でしたが、離婚するときは本当に苦しみました。
自分の潜在的なパワーを総動員して頑張りました。
仕事に行くと気が紛れるし、さびしくないので、家に帰るときに気が重かったことを覚えています。
私が何で失敗したか、といいますと、結婚するときも、離婚する原因となったのも、あるスキルが低かったことが大きな原因です。

それは、「コミュニケーションスキル」です。
結婚するときは交渉力というか段取りの順序が悪くて、両家が揉めることになってしまいましたし、離婚の原因は前妻と私の間にできた見解の相違、というか小さなすれ違いの積み重ねに
よる大きな心の溝でした。
「きらいじゃないけど信頼できない。」といわれたときは、ショックでした。

クライスラーのアイアコッカ氏が「私はわかった。コミュニケーションが全てである」という名言を残したといわれていますが、離婚のとき、まったく違うシチュエーションで、まったく
同じセリフを私はつぶやきました。
結婚生活は、コミュニケーションがすべてである、と。

では、コミュニケーションのスキルをどのように磨くと良いでしょうか?
私は、読書にひとつの答えがあると思います。
最近は良い本がたくさん出ています。
近年でも最高の出版ブームを迎えているのではないでしょうか?

特に最近読んでおもしろかったコミュニケーションスキルを磨くことの出来る本は、
カレデキ」です。

karedeki.jpg

著者はプチリタイヤで有名な石井さんです。
女子アナはなぜもてるのか?、という質問をベースに、男と女の習性の違いを実に具体的に、読みやすい文体でわかりやすく説明されています。

「聞き上手になる」、「過去・未来のことを話さず、現在のことを話すべし」、「すごい!と言ってほめる」などの、たった今から実践したら、タイトル通りすぐに彼氏ができそうな本です。男の私が読んでも、なるほど〜の連発でした。

本屋さんでは、女性向け単行本のなかにあったので、まわりは女の人ばかりの中、フムフムいいながら読んでるネクタイ姿の男。かなりヘンな絵だったでしょうね(笑)
(注:私はまず立ち読みフォトリーディングを行ってから買う習性があります)

この本は彼氏のほしい女性はもちろんのこと、結婚している女性にもぜひ読んでいただきたい
と思います。ダンナさんと少しマンネリになってきた奥さんには、きっとヒントになることがたくさん書いてあると思います。

仲のよいカップルも、新婚さんでも、今は関係ないわ、と思わずに、来るべきピンチのときに備えて、防災袋とともに二人の防災グッズとして、二人で買って読むことをおすすめします(笑)

普段から知っているようで気付いていないことって、たくさんありますよね。
一度読んで、忘れた頃に読み返すと、またなるほど、忘れてたわ、という発見ができそうな本だと思います。

長くなりましたが、なかなか相手が見つからない、または離婚が増えているという背景は、少子高齢化社会を加速させている原因の一部だと思います。
男と女をくっつける技術は、これからさらにニーズが高まるでしょう。
何せ、日本を救う技術ともいえますから。

もしあなたがパートナーがほしい、という悩みをかかえてらっしゃるとしたら、それはこれから最高のパートナーを得られるという無限の可能性を持っているということですから、すばらしいことなんですよ。
前向きな気持ちで、一度「カレデキ」読んでみてください。
新しい氣付きと出会いの成就があると思いますよ。

あなたの可能性に賭けてみてください。
posted by stress83 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス発散ブックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

やさしいうたで癒されたい。

週末ですね。のんびりしてますか〜?
季節の変わり目、お風邪召されてませんか?
私の周りでは結構風邪をひかれている人が多いです。
私自身は足を痛めたり首を寝違えて回らなくなったりと、エキサイティングに体調が変調をきたしています。

そんな時、家に帰ってふうぅっと深呼吸したら、あぁ癒されたいなぁ、という気持ちになりませんか?
私は、癒されたいです(笑)
もしよろしければ、1クリックで私が癒されます(笑)
人気blogランキング

おいしいもの食べたり、サプリメントを摂ったりして体にビタミンやミネラルを補給したら、こころにもビタミンを補給しないといけませんね〜。

自分を癒してくれるもの、ひとそれぞれですが、私は音楽ですね。
癒しの音楽。

インストゥルメンタルもいいですし、合唱、それも宗教曲なんかいいですね。
こころが安らぎます。
モーツァルトなどはかなり最近医学的にも癒しの効果が証明されているようですね。
ミサ曲なんて、やすらかに眠ってくださいっていう気持ちで歌われるんですから、かなりやすらぎます。
そのまま寝ちゃってもいいですが、永遠に寝ないように注意が必要です(笑)

やさしく、こころを歌い上げるうたもいいですね。
日本歌曲の静かな、やさしい感じの曲なんて、涙が出そうになります。
私の大好きな作曲家で、大中恩さんという方がいらっしゃいます。
私は以前、東京で合唱のコンサートに出させていただいたことがあり、大中先生と呼ばせていただいてます。
「サッちゃん」「犬のおまわりさん」などの童謡で有名な作曲家の大中先生ですが、たくさんたくさん歌曲を作曲されています。
私は、今日は大中先生の作品を集めた、「大中恩 愛の歌曲集V 月曜日の詩集」を聴きます。大中先生の奥様の歌声も素敵です。
日本語って、こんなに素敵なことばやったのね、と少しロマンチックになってしまいます。

歌曲、といえば皆さん音楽の時間などにオーソレミオなどをうたったことがあると思いますが、イタリアやドイツの作品が多いです。プロの方も、外国の歌曲を好んで歌われます。
オペラも外国のものが非常に多いです。
日本人だけが歌い上げることのできる日本歌曲は、実際歌い手の技量がそのまま表現されてしまうために、かなり研鑽をつまないと難しいと思います。
発声や発音の技術のみならず、こころを表現する力と、日本語を正確に理解し、話す力が必要になるからです。
本来であれば、日本人はみんな備えているものなのでしょうが、残念ながら、その力が落ちていっているのが現実です。

そんな中、大中先生は男性ですから当然男心をうたった曲をたくさん作曲されています。
渋いです。かっこいいです。うたっていると、ハードボイルドな男の背中がみえてきます。きっと、大中先生の背中でしょう。
先生にあったことのある女性は、みんな良い意味で「かわいいひと」とおっしゃいます。
かっこよさの中にかわいさがある。そんな男性です。
あんな大人になりたい、という人生の目標になるかっこよさです。

そんな「おとこ」である先生は、女性のこころを巧みに、繊細に歌い上げるうたもたくさん作曲されています。むしろ、女性のこころの歌の方が、圧倒的に多いと思います。
先生は、常に恋をされているそうです。女性のことが大好きなんです。
先生は、もてます。うらやましいですが、わかる氣がします。

そんな、こころの作曲家、大中先生が5月1日に大阪に来られてコンサートをされます。
普通、作曲家の先生ってそんなにしゃべらないんですよ。
でも、大中先生が出演されるコンサートは、必ずマイクでMCが入ります。
ご自分で司会されます。歌よりも話を聴きに行くひとが多いんじゃないかと思うほど、面白いトークです。
おっと、トークばかりご紹介してしまいましたが、コンサートのタイトルがそのものずばり「やさしい心のコンサート」。
5月1日は、日頃のストレスを癒されに行ってください。
コンサートに関する詳しい情報はこちらのサイトをご覧下さい。
私も行きたいっす。チケットはまだあるんでしょうか??
先生のコンサート、人気があるんですよ。

癒されたい。そんな気持ちになったら、このコンサートです。
皆さん、大好きな曲を聴いて、明日も元気にいきましょう!
posted by stress83 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

「成功の9ステップ」めっちゃ日本語の上手な方です。





あなたは、「成功の9ステップ」という言葉、見覚えがありますか?
あるいは、この上のバナーの顔写真、見覚えがありますか?

成功法則といえば、「成功の9ステップ」。
成功の9ステップといえば、ジェームス・スキナーさんです。(この写真のヒトです)
あの超ベストセラー、「7つの習慣」を日本語訳して出版した人物、ジェームス・スキナー。
ジェームス氏は世界的に有名な経営コンサルタント(成功コンサルタント)です。
アメリカ人にもかかわらず、日本人より日本語力がある人で、非常にわかりやすい日本語で、「成功するひととしない人はどこが違うのか(違いをもたらす違い=DMD)」が熱いことば
でつづられている本です。
(DMDとは、Difference,it Makes Differenceの頭文字をとったものです)

時間の使い方、成功する人から素早く学習する方法(モデリング)、健康な生活や日々のトレーニングの仕方についても「違いをもたらす違い」について詳しく紹介されています。
読んだその日から、とても勇気づけられ、素晴らしい人生が送れるやんかいさ、という希望が湧く本です。
推薦文にも書かれていますが、あの神田昌典さんも「平成の黒船」とおっしゃるほどの人なんです。

この本の著者、ジェームス・スキナーさんがなんとなんと、京都に来られて、講演されることになりました。こいつぁびっくりしました。だから即申し込みました。
なぜかって私、「成功の9ステップ」を買ったときに応募したCDプレゼントに当たって、ジェームスさんの話を聴いたんですが、めっちゃ面白いし、ようそんなこと思いつくなぁということが連発だったんですよ。
それに、ジェームスさんの「成功の9ステップ」セミナーって、めっちゃ高いんですよ〜。

→これが証拠です。「成功の9ステップ」セミナー
 だいぶ下の方に料金が書いてあります。
 行かれた方がおっしゃってましたが、行くだけの価値があるそうですよ。

しかし、今回、しぶちんの私がなぜ行く決心をしたか!?というと、ジェームス・スキナー京都特別講演が7800円で聴けるっていうからなんですよ。
このセミナーを知ったのは、こんな案内を友人からメールでもらったからなんです。

(メールここから)
Stress83君

ご無沙汰してまっす。○○です。
実は、君の好きそうなやつ見っけたから、ちょっとそのまま送るわ。

↓ここから↓

■「成功の9ステップ」ジェームス・スキナー京都特別講演■
    □2005年5月21日(土)京都講演第2ホール□

 世界的な成功コンサルタント、ジェームス・スキナー講演会がついに
 関西に上陸!ビジネス本では異例の100万部のベストセラー「7つ
 の習慣」を日本に広めたあのカリスマコンサルタントが京都に来ます。
 僅か数年間で世界各国にて現在9社を経営するに至った卓越した
 ビジネスセンスを持つジェームス・スキナー氏が語る究極の成功の
 秘訣。単なる“仕事”ではなく、本物の“ビジネス”とはなにか?
 成功する人と、うまく行かない人との違いはどこにあるのか?
 他では聞けない本物の成功者だけが知っている真実。
 彼の話を聞かないままでは人生、大損をしています!

 第1部「成功の9ステップ」15:00〜17:00
 第2部「愛の億万長者」 18:30〜20:30
         ↓   ↓
 http://tinyurl.com/cy7rh
本物の成功者の話が関西で聞ける滅多にないチャンスです。★お急ぎ下さい!

↑ここまで↑

たしか、前カバンの中に持ってた本の題名といっしょやろ?
有名なヒトみたいやん。特に第2部って何の話?やらしい話ちゃうんか??
好っきやなぁ(笑)

ところで、こないだの・・・

(中略)

ほなほなまたな。

(メールここまで)

いいやつなんです。○○って。(伏せさせていただいてます)
こいつ、なんか勘違いしてるような気がする、と思いつつも、
「マジでセミナーあんの!?でもまた高いんでしょ、ジェームスさん。」
なんていいながらリンクをポチ。

えー!ほんまかいなー!
15時〜20時半のロングセミナーで7800円!(さっきからお金の話ばっか)
ジェームスにしては安すぎやせんか!?と思いつつも、何度読んでも間違いない。

というわけで、私は行くことになりました。
今から、ほんまに楽しみでしょうがないです。
だって、感銘を受けた本を書いたひとに会えるんですもん。

私は「7つの習慣―成功には原則があった!」という本でジェームスさんの名前を知りました。
そのときは、変わった外人としか思ってませんでしたが、私が間違ってました。
日本人です(笑)、いえ日本人以上に日本語の上手な、地球人です。
世界を股にかけて大活躍されています。

成功したいけど、手持ちのお金がない。
どんな人か会ってみたい。
愛の億万長者って。。。気になる。

以上の症状が出た方、このお薬を出しときます(笑)

ジェームスに会えますし、私にも出くわすかもしれません。
え、私はどうでもいい・・・?
失礼しました。

愛の億万長者セミナーは、京都に聴きに行った方の悩める心を救います。
愛の1クリックは、私を救います。→人気blogランキング

ありがとうございました。
ではまた。


posted by stress83 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(3) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

情報セキュリティアドミニストレータ受験予定の方へ

 今朝、やっとWebサイトを更新しました。

今年の10月の情報セキュリティアドミニストレータ試験を受験予定の約5万人の皆さん、お待たせしました(笑)
 
 Secuad(せきゅあど).com 【セキュアドドットコム】
 0から始める「情報セキュリティアドミニストレータ」試験合格サイト  
 http://www.geocities.jp/secuadcom/

このサイトのメインとも言える、勉強術のノウハウを説いた、
0から合格!情報セキュリティアドミニストレータ」と、
セキュアド試験対策おすすめ参考書/情報誌」を3月末にアップします、
と書いておいたにもかかわらず、もう4月20日です。

なぜ、こんなに遅くなったのか!!
それでは、言い訳しますので聴いてください(笑)

えーと、えーと、うーん、、あ、そうそう。
春の情報処理技術者試験が終わるのを待っていました!
みんな秋試験の情報セキュリティアドミニストレータ試験はまだ眼中にないはず!
だからわざと引っ張りました!!

・・・というのはウソです。

 実は3月中に更新する予定だったのですが、中身を練っているうちに、あれも入れよう、この内容も忘れてた、という形で推敲の嵐が始まり、あっという間に時間がたってしまいました。
その上、足は怪我するし(実は病気だったのですが、また長くなりそうなので後日ご紹介します)、今日は首を見事に寝違えて可動範囲が45度ほどしかありません。くいだおれ人形のごとき動きになっています。
このようなコンディションの悪さも手伝って、「3月末公開予定」という文字が4月中も哀しく表示されている有様でした。

しかし、遅ればせながら何とかアップし、0から合格!情報セキュリティアドミニストレータについては、段階的に勉強術をアップしていき、ワークをこなしながら進んでいただくという、新たな試みにチャレンジしております。(ただし、このコーナーでは過去問などを解くワークはありません)

私のサイトでは、基本的に過去問の解説などは行いません。
問題の解説については、素晴らしいサイトやメルマガがあるからです。

特に、午前問題では必修のメルマガがこれです!

「一日一題 高度をめざす情報処理技術者試験宿題メールマガジン」
http://www.yscon.co.jp/j/homework/index.htm

なんと、宿題メールは(本編)は,まぐまぐメールマガジン殿堂入りをされています。
私も大変お世話になったメルマガです。ほんと勉強になります。
秋期情報処理技術者試験を受けようと考えている方は、今日から取り組んでみて下さい。

さぁ皆さん、秋の試験に向けてスタートしましょう!
私も勉強開始します。
まずは、宿題メールの登録を勧奨します。
さて、勧奨とはどういう意味でしょう?さぁ考えましょう!

「勧奨」の意味は「ジャンジャン日記/多読向き英語絵本目録」でお確かめください。
ではでは、また。

ここをカチっと押すことを心から勧奨します。
人気blogランキング

posted by stress83 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

私の足とプライバシーマークの不思議な関係

先週、足の裏のマメが豪快に破裂し、お医者さんに行きました。
マメが大きくなっているのはうすうすわかっていたのですが、これごときで医者にかかっちゃおれんとばかりに、医者嫌いのわたしは痛くないように歩いたりして、無駄な抵抗を繰り返していたのでした。

ガーゼを当てて、塗り薬をするという形で処置をし、また1週間後においで、というお話でした。
かなり広い範囲で皮がむけているので、足がかなり痛みました。
次の日からは、足をひきずって歩くので、普段10分で行くところを20分ほどかかってあやうく遅刻しそうになりながら、やっとのことで出勤、という状態でした。

普段歩いたり走ったりするのが当たり前だったのが、急にできなくなると、ほんとに不自由な気持ちになります。
また、人間は運動不足になると考え方が後ろ向きになり、ストレスがたまりやすくなるようです。

だいぶ具合が良くなりましたので、少し歩けるようになりました。
痛みがなくて歩けることはこんなに気分がいいもんなんやなぁと改めて思いました。

健康って、ほんまにありがたいです。元気なときには気がつかないんですね。
病気や怪我をして、初めて気がつくんですね。
情報漏えい事件が発生して、ようやくセキュリティの大切さに気づくのに何だか似ているなぁと思いました。

企業であれば、個人情報保護対策が未対策であれば、早急に行う必要があります。
しかし、大ごとになってからでないと本腰を入れたくないという経営者の方も多いのではないでしょうか。
それは、個人情報保護対策には、導入に見合った儲けが出ないからです。
では、ビジネスチャンスにする方法を考えましょう!

そのひとつとして大きな効果が期待できるのが、「プライバシーマーク」の取得です。
当社は個人情報保護については、万全の体制をしています、というアピールができます。最近では取得していない会社との取引を敬遠する動きが活発に起こっています。

ただし、プライバシーマーク取得には「個人情報保護規程」「個人情報保護細則」「個人情報保護監査規程」「外部委託情報管理規程」「情報文書管理規程」「施設入退出管理規程」といった各種帳票の作成が必要です。結構大変な作業です。これら帳票サンプルこちらを一度ご覧下さい。
プライバシーマークの申請と、それに伴う代行サービスなどは、最近申し込みが殺到しているということです。

会社の情報システムの脆弱性も、あなたのパソコンのセキュリティホールも、あなたの体も、早期発見、早期治療が大切です。
大ごとになってから騒いでも、手遅れになります。
気づいたときに、すぐに対策しましょう。

気づいたら、ひと押しして下さい。→人気blogランキング
posted by stress83 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報セキュリティ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

「水曜どうでしょう」楽しいですね〜

突然ですが、「水曜どうでしょう」はご存知ですか?

想像してください。

「もしよければ、今週の水曜どうでしょう?」


という何かしら期待させるお誘い、ではありません。

夕焼けの小さな港で、バックに流れるトランペットのもの悲しい音色でおなじみだった、今は久石譲さんの郷愁を誘うオープニングテーマの

「金曜ロードショー」


でもなく、川口浩の大探検スペクタクル、でも一番大変なのはカメラマン、という

「水曜スペシャル」(古すぎ)

でもござんせん。

残念ながら、甘美なお誘いでもスペシャルでもロードショーでもない、
「水曜どうでしょう」

です。

前置きが長〜くなりましたが、「水曜どうでしょう」はテレビ番組です。
この番組は水曜スペシャルや金曜ロードショーのように、ゴールデンタイムの全国ネットではありません。
北海道テレビ(HTB)制作の、北海道限定番組でした。

・・でした。そう、過去形です。
現在、近畿ではサンテレビ、KBS京都の2つのチャンネルで放送されています。
大元の「水曜どうでしょう」は番組終了してしまいましたので、その再放送である、
「どうでしょうリターンズ」(略してどうリタ)が、全国で絶賛放送中です。
(※詳しくはテレビ欄と水曜どうでしょうホームページをご参照下さい。)
今までにこんなおもろい再放送は見たことない!!

HPもかなり面白いです。ディレクターの文章が巧みで、ついつい読んでしまいます。
「よくある質問」の1つ目の質問が「FAQって何ですか?」という普通なら絶対に掲載しない質問で、さらにそれに普通にさらりと答えているのにも笑ってしまいました。

さてさて、「水曜どうでしょう」がどんな番組かというと、「旅番組」です。
企画モノの旅番組ですが、札幌から博多まで深夜バスで移動したり、1週間でアメリカ大陸を横断する(KBS京都はいまこれです)などという半ば冒険的なロケを行う番組です。

出演者は、次の面々です。(このグループを「どうでしょう班」と呼びます)
北海道が生んだスーパースターである、鈴井貴之&大泉洋!!
(「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」というDVDも出されてます。笑いのつぼは同じです)

 今をときめく 大泉 洋! (俳優歌手千と千尋の神隠しでも声優されてます)
 映画監督   鈴井 貴之!(映画監督です。現在韓国に映画留学中。)
        
ナビゲーターは安田 顕!(ハウルに声優で出られてます)
藤村ディレクターと嬉野ディレクターの2人も映りませんが声で出演しています。
(ほとんど映ってますけど)

ちなみに大泉さんは「本日のスープカレー」、鈴井さんは「銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して」という本をそれぞれ出されてます。

とにかく、めちゃくちゃ笑えます。
この面白さは、稚拙な私の表現力の域を超えているので、ここで説明するのは控えさせていただきます。
詳しくは、クイック・ジャパン (Vol.52)に詳しく書かれていますので、ご覧下さい。どうでしょう班のインタビューもあります。

旅番組、とご紹介しましたが、旅番組の枠を超えています。
面白すぎてどうしょうもないです。マニアがものすごいペースで増殖中です。
この番組、全国に私と同じようなどうでしょうファンがわんさかいまして、なぜか番組のDVDが何万枚というオーダーで売れているという驚異のフィーバーぶりなのです。
DVDがどうしてもほしいという方は、5月11日(水)〜17日(火)に阪急うめだ本店で開催される「初夏の北海道物産大会」にHTBグッズショップが出ますので、そこで購入されるか、「水曜どうでしょうDVDの買い方」をご覧下さい。
物産展は私も必ず行きます。

近畿の方向けにご案内しますと、この時間帯に放送されています。
 サンテレビ  毎週土曜日 22時〜22時30分
 KBS京都  毎週水曜日 23時〜23時30分

まぁとにかく、どうリタを見てみてください。
百聞は一見に如かず。とにかく、見える方のチャンネルで、見てみてください。
なぜ、大泉洋フィーバーなのか、ご理解いただけると思います。
あなたもきっと水曜日と土曜日が楽しみになります!
だまされたと思ってぜひ一度ご覧下さい!!
もう知ってる、という方、くどくてごめんなさい(笑)
ではでは、最後まで読んでくださったあなたに、お得なお得な無料情報を。

※「ユーコン160キロ」シリーズ全7回を無料で視聴できます!

一生どうでしょうしたい!!
posted by stress83 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(3) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

簡単にできる健康法は続かない!?

最近、ひとつ氣づいたことがあります。
「簡単にできることはみんなやらない」というものです。

もう少し詳しく言うと、
「簡単に実践できて、継続して続ければ大きな効果があるけれど、続けなければ結果が出ないこと」は実行する人が少ない、ということです。
自費でコンサートを企画したとき、タダでチケットを配った方は、聴きに来る方は少なかったです。むしろ、買って下さった方が会場まで足を運んでくださいました。
何か似てますね。

実践すべき作業そのものは簡単で、高い効果のあるノウハウというのが世の中にはたくさんあります。
たとえば次の3つのノウハウは、どれも世界中で実績を挙げている(しかも、お金持ちになったり健康になったりというものすごい効果)方がいらっしゃる反面、うまくいっていない人も少なくありません。

・目標を紙に書くと実現する。
・思考は現実化する。なりたいイメージを常に頭に浮かべると現実になる。
氣の呼吸法を続けると、健康になる。

私もまだ「お金持ちになる」という目標については達成していませんが(笑)、ダイエットは成功しました。(リバウンドゼロダイエットでもご紹介した方法です)

ダイエットのときに痩せた自分を常に思い描くという方法を実践して思ったことですが、やはり目に見えて効果が現れないと、モチベーションを高めるのが難しいですね。
きっと、簡単に実践できることをいつしか実行しなくなる原因は、しばらくやってみるけど結果が伴わないからなのでしょうね。

そういえば、続けてよかったと思うことが、昔ありました。
私は小学生のとき、体育の鉄棒が苦手でした。
特に、逆上がりができませんでした。逆上がりは、冬の課題でした。
父親には、「逆上がりができなかったらクリスマスプレゼントはなし」という厳しい注文をつけられて困っていました。
「どうやったらできるようになれるの?」と父に聞くと、
「お前は体重のわりに腕力が足りないから逆上がりがうまくいかないんや。腕立て伏せをやりなさい。」とアドバイスを受けました。
それを聞いた日から、夜寝る前に腕立て伏せ10回を必ずすることを決めて、2週間ほど続けました。
すると、最初は10回するのがやっとだったんですが、だんだん楽にできるようになってきて、二の腕の力こぶがたくましくなってきました。
10日くらいしてから、けっこう腕力がついてきた感じがしたので、鉄棒で逆上がりを試してみると、なんとできちゃったではありませんか。
あんなに困っていたのに、できてしまうとたやすいものでした。
このとき、腕立て伏せ続けて良かったなぁ、とつくづく思いました。
毎晩しんどくてもやめなかったのは、クリスマスプレゼントのチョロQがほしかったからなのか、父にできなくて叱られるのが怖かったからか、どちらかの理由だったと思います。
しかし、この教訓はその後の学生生活にはあまり活かされることが無かったのですが(笑)
今思えば、継続は力なりを地で行ってたんやなぁ、と懐かしく思います。

またまた思い出しました。
木津川マラソンのときも、サプリメントを続けていたことが、自己ベスト更新の原動力になった可能性があります。サプリメントも、1日2日飲んだだけではなかなか効果がわかりませんが、続けた人ほど肌のつやがよくなった、元気になったなどの望む結果を手に入れていらっしゃると思います。

私はファンケルのマルチビタミンやグッドチョイスベーシックというセットの徳用を買ってずっと飲んでいました。
最近、飲まなくなって体調崩しました。
たぶんサプリメントだけのせいではありませんが、続けていたものをパタッとやめると、体に変調を及ぼすようです。
4月に入ってもまだまだしつこい花粉症も、花粉対策サプリメントを摂り続けると良くなるという話を健康マニアの友人から聞きました。
彼には、お前も最近俺と同じくらい健康マニアやんけ、と言われますが(笑)

似たような話で、英語学習が挙げられます。
英会話の先生をされている方がおっしゃってましたが、「もう少し続けたらグンと上達するのに、その前に辞めてしまう」人が半数近くいるということです。

私はグンと上達するレベルのはるか手前で挫折してますが(笑)、来年の3月までには映画を英語のまま楽しめるようになりたいなぁと思っています。
アメリカのプロレス中継は、レスラー本人がインタビューで何を話すか、どういうマイクアピールができるかで人気が左右されます。そのインタビューを理解できるようになるのが長年の夢です。
でも、その夢を紙には書いていませんでしたので、まだまだ達成する見込みがありません(涙)

英語といえば、80年以上前に、アメリカの大富豪が、匿名で成功できるノウハウを説いた「イット・ワークス―夢をかなえる赤い本」という実践書があります。
英語の原文と、原文の読み方の解説と、和訳が1冊になっている本で、さらに無料で原文をネイティブが朗読している音声ファイルまでダウンロードできるという、何ともお得な本です。
目から耳から、成功する方法と英語の両方が学べるという欲張りな本です。
私も読みましたが、本文は20ページほどなのに、内容は本当に濃いです。
1日で、いや30分で読める内容ですが、実践すればきっとうまくいくでしょう。
やはり、成功する原則は、80年たっても変わらないのだなぁと思います。
訳者のまえがきで、「ルーツをたどることが本物を見つける近道だ」ということが書かれてありますが、私もまったく同感です。
この本の内容も、やるかやらないかで大きく差が出るでしょう。
※そういえば、購入時の注意です。
 イット・ワークスは紀伊国屋書店BOOKWEBで購入するとさらに特典があるようです。
 私はamazonで買ってしまいました(涙)
 氣の呼吸法も両方で売ってますが、紀伊国屋書店BOOKWEBで買う方が早く入手できます。

ある成功者が、インタビューで「成功するにはどうしたらよいか?」と聞かれたとき、
 
 「成功するまであきらめずに続けることだ」

と答えたそうです。

継続は力なり、といいますが、本当にそうなんですね。

先日ご紹介した「氣の呼吸法」を続けていますが、やはり本と独学ではなかなか難しく、「ほんまに健康になるのかなぁ」と疑問がわくときもあります。
しかし、振り返ると、「目覚めがよくなった」「鼻炎がマシになった」などの小さな効果が出てきています。小さな成功を見逃さないようにすることも、継続する上でとても大切なことかもしれませんね。
私の逆上がりも、ダイエットも、小さな成功ですが、少なくとも自信がつきましたので、自分の中では大成功です。
成功の定義は人それぞれだと思いますし、ついつい億万長者のみを成功者と呼びたくなりますが、私は「目標を達成できた」人が成功者だと信じています。

今日もまた、新しい目標を紙に書いて、簡単にできることに細かく細かく分解してから、日常生活の中で時間を見つけて継続します。もう習慣になりました。
小さな成功を積み重ねて、目標を少しずつ達成することに集中していきたいと思います。
posted by stress83 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

納豆お好きですか?

「関西人は納豆がキライ」という定説があります。
私が知るかぎり、関西より西、つまり西日本は全体的に納豆が苦手な人が多いようです。

うちの家族は、祖母が茨城の水戸近辺の出身であるのにも関わらず納豆嫌いだったので、誰も納豆を食べませんでした。食わず嫌いというやつですね。
私ももれなく納豆嫌いでした(笑)

しかし、20歳を過ぎてから、お酒を飲むときにおつまみに納豆がおいしいということに気がついてからは、すっかり常食するようになりました。だから私は納豆大好きです。
よく行った居酒屋さんに、いかそうめんと納豆をまぜて生卵をおとす「いか納豆」や、まぐろの中落ちといかそうめんと山芋短冊と納豆に生卵をおとしてのりをかけてしょうゆで味付けする「ばくだん」というメニューがあり、「納豆ってこんな美味しかったんかいな〜!」と感動したのが、私の「納豆への目覚め」です。一度、本場に本物の納豆を食べに行きたいと思っています。

上記のようにいろんな食べ方がありますが、私はシンプルにパックの納豆に付属のたれとからしを入れて混ぜ混ぜして食べるのが好きです。生卵を入れてもおいしいですし、とろろを混ぜてもまいうーです。

納豆には「ナットウキナーゼ」という成分が含まれていて、血液サラサラになるそうです。いや、なります。
かつて、その効果を思い知る事件が身近に起こりました。

一昨年、実家の父が心臓病で倒れたのです。
幸い、処置が早くて助かりましたが、検査したら血液がドロドロだったようです。
肉が好きな父は、野菜をあまり食べませんし、納豆も大嫌いでした。
しかし、病院では決められた食事を摂らないといけませんし、好き嫌いも×です。

そのメニューの中で、天敵ともいえる「納豆」がほぼ毎日出るではありませんか。
心臓病でも、ある薬を服用している方は納豆の成分が逆効果になるそうですが、父にはその薬が処方されていなかったらしく、しょっちゅう出てきました。
父にとっては大きなパラダイムシフトだったらしく、見舞いに行くと
「60歳になって初めて納豆食べてるで〜」と
私たちにしきりに自慢気に話していたのを覚えています。
とはいえ、食べられるようになっただけで、あんまり好きではないようですが。

その父もすっかり元気になり、検査では血液もさらさらになりつつあるという話をしていました。
肉も食べてる上に、相変わらず野菜嫌いらしいので、もう少し気をつければもっとさらさらになるんですが、困ったもんです。
その困った父の血液をサラサラにしたのが、どうも「納豆」らしいのです。

「細胞が壊死した心臓が再生してきている」とまで父は言ってましたが、ほんまかどうかはわかりません(笑)でも、ほんとに元気になりました。若返った感もあるほどです。
しかし、納豆を食べなかった父が血液サラサラになってきたのは、納豆のおかげらしく、退院後2年弱ですが、朝食で少しずつ食べているようです。

食生活って、ほんとに重要ですよね。父が倒れて心底そう思いました。
でも、忙しい毎日の生活の中、なかなか食事だけで必須栄養素を補給するのが難しくなっているので、サプリメントなどで補給することが一般的になってきていると思います。
以前にまして、昨年くらいからサプリメントを利用する方が急増しているという感じがします。
あまりサプリメントに頼りすぎるのは良くないと思いますが、どうしても仕事が忙しかったり、外食が多くなったり、徹夜が続くなどの不規則な生活が続くときには、まさしく栄養を補って供給してくれる、心強い味方になってくれると思います。

健康志向が高まっているとはいえ、父のしてきた食生活は、まだまだ団塊の世代の方の典型ではないかと思います。肉好き、野菜嫌い、運動不足、という3拍子そろったお父さんは血液が結構ドロドロしている可能性がありますから、食生活を少しずつ野菜中心にシフトしつつ、サプリメントを摂取することにより、血液サラサラにすることができると思います。

「好きなもん食べて死ぬなら本望や!」と豪語していた父ですが、さすがに病気で倒れたときは「まだ死ねない。がんばって生きる。迷惑かけてすまん」と言っていました。
「血液サラサラ」であることは、本来体にとっては自然な状態です。病気になってからでは遅いですから、少しずつ食生活をシフトし、体の自然な状態に近づけることにより、元気にセカンドステージを楽しく生活できると思います。

私ももうじき30代なので、体調管理に氣をつけるようにしたいと思います。
といいつつマクドのフィレオフィッシュ100円に目がくらみますが(笑)、今日は納豆買って帰ろうと思います。皆さんは納豆お好きですか?


Click Here!

posted by stress83 at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

春の宵、桜が咲くと。

春ですねぇ。
さくら、きれいですね。ほんま。
そういえば、横峯さくらさんも頑張ってはりますね。
まさにタイムリーですね。

今日は、心地よい風が吹く中、桜吹雪を浴びながらお散歩しました。
体じゅうにさくらの花びらを浴びながら歩いていると、リフレッシュされますね。
ざーっという葉の音にも癒されます。
今日の写真は、思わず携帯を取り出してパシャっと撮った一枚です。

sakura.jpg

さて、桜の季節には、春らしい音楽を聴いて心の中も桜吹雪でいっぱいにするのがいいですよね。季節限定の楽しみ方ですね。
具体的には、「桜」といえばおなじみ、河口恭吾さんの「桜」を聴きながら三色だんごをほおばったり、ケツメイシのさくらをBGMに新宿高野の桜ジュレに舌鼓を打ったり、「中田喜直 童謡の世界」に入っている「さくら横ちょう」という素敵な歌曲を聴きながら、桜餅をほおばったりするのが好きです。

特に「さくら横ちょう」は日本歌曲のコンサートで何度も聴いたことのある、よく歌われている曲ですが、最初の歌い出しから桜並木の中に自分がたたずんでいるような、そんなイメージがわく曲です。
ソプラノの歌声が、春のうららかな雰囲気の中にちょっぴり切なさを含んでいて、心を洗い流す涙を流せます。

春の宵、桜を感じてみませんか。
川べりの並木に咲く桜も美しいですが、イメージの中の桜も、果てしなく美しいです。
咲くも桜、散るもさくら。
posted by stress83 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 言い散らかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

ブログは便利です。

「自分のホームページを作りたいけど、いろいろ設定とか大変そうやなぁ…。」
という方には、ご存知の方もめっちゃいてはると思いますが、ブログがおすすめです。
とても簡単に、説明をゆっくり読みながらやっても30分で作ることができます。
ほんとに便利な世の中になりました(笑)

こんな悩みを抱えていませんか?
 ・FTPって何のことかわかりません。
 ・書きたいことはあるけど、htmlの書き方がわからない。
 ・Webで日記を書いて、毎日の憂さを晴らしたい。
 ・とにかく発信したい情報があるけど、時間がない。
 ・会社のホームページをすぐに作りたいが、予算はないし、仕様を決めるのが面倒。
 ・とりあえずやってみて、ダメならすぐにやめるようなお手軽な感じで始めたい。

このような方には、ブログをおすすめします。
ブログとは個人が日々更新する日記的なWebサイトのことですが、ページのレイアウトも用意されていて、掲示板のように書き込むだけで簡単にページができてしまうという、とてもとても便利なサービスなのです。
さらに、よそのブログに簡単にリンクをはったり、気軽にコメントを書いたりできるので、気軽にコミュニケーションを取れるという利点も大きいです。
Pingを
最近はライブドア堀江社長のブログが有名ですよね。

さて、使いやすくて内容の良いブログサービスの選び方ですが、まずはストマネもお世話になっているシーサーさんはおすすめです。ネット上で音声が流せるポッドキャスティングもできますし、機能面も大変優れていると思います。
ただ、ちょっと昼や夜中のアクセスが集中する時間に混んで遅くなるのが玉にキズです。でも、携帯からも記事を送れるし、携帯でも見られるように自動的に成形してくれますので、使い勝手は素晴らしいですよ。

あと、社長の考え方に個人的に共鳴しているのですが、なかなか質のよいブログサービスを展開されているエキサイトブログもおすすめです。

近いうちに、マニア〜ックなプロレスブログをエキサイトブログでやろうと思っています。
私は80〜90年代にかけてかなりプロレスにはまりまして、新日本プロレスや全日本プロレスを毎週欠かさず見ていました。普通の人にはない見方をしていると思いますので、ぜひ彼らの必殺技についての思いを書き綴りたい、という純粋(?)な動機です。

ストマネの文章も毎回楽しく書いていますが、プロレスの方はなぜかめちゃくちゃ筆が進むんですね。飽きずに文章がたまっていくので、やっぱりおいらはプロレスヲタなのか、とちょっぴり自己嫌悪になったり、書き上げたときにはやっぱりプロレスマニア最高、と思ったりします。
浮き沈みの激しさは安田忠夫選手並みですね(って早速ヲタぶりを発揮)
閑話休題。

ブログをはじめる前に、あなたの通信インフラ(インターネット接続環境を偉そうにいうとこの呼び方になります)の環境にストレスを感じていませんか?
もし、インターネットも遅いからADSLにしようかな、とか今のプロバイダは高いなぁと思ってらっしゃる方は、「BB.excite」がおすすめです。今なら工事費も無料らしいですが、安いのに快適に接続できます。
ただ、以外にも私の周りにBBexciteを使っている人がいないので、意外とマニアック感があるのが残念です。

長々と書きましたが、ブログで情報発信するのがおすすめ、と言われて久しいのですが、私の周りの方から「ブログって何?」という質問を立て続けに受けたので、皆さんにもあらためてご紹介した次第です。
各サービスの説明をよく読んで、しっかり読んで、納得するまで読んでから決めましょう。
しかし、説明を読んでもわかりにくい、いったいどういうもんやねん、と思われることもあると思います。実際私も最初はよくわかりませんでした。
「コメント?」「トラックバック?」いったい何それ?って感じでした。
そういうときには、ブログの本が出てますので一度読まれると良いと思います。
わかりやすーい本も出てますよ。
たとえば、「ブログの達人がこっそり教える おカネの儲け方」などは実際読んでみて、ほーほー言いながら感心した覚えがあります。
題名はちとアヤシイ感じがしますが、やってみよっかな〜と思う本です。
ビジネスにブログを活用しよう、と思われる方はより強力な「ブログで始める超速起業入門」を読まれると良いと思います。
私は正直なところ、ストマネでは実践できていないことばかりですが、たくさんのノウハウを実際にやってみると、かなりの効果が出ると思います。

まぁとにかく、気軽な気持ちで始めてみると、かなり楽しいですよ。
毎日何かを記すという習慣は、継続すると財産になります。
そして文章力がアップします。何より、ものを書くのが苦にならなくなるのが大きいです。
活字離れが叫ばれる中、携帯メールの利用者数とブログの数は天文学的に伸びてますから、まだまだ日本文化国家は大丈夫!?

まずは始めてみましょう!タダですし(笑)
→ブログをはじめよっかなっと
posted by stress83 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス根絶作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

メールマガジンで紹介されました!

私はこのブログの「フォトリーディング!」という記事でも以前ご紹介しましたのでご存知の方も多いと思いますが、昨年12月にフォトリーディング集中講座という、本が10倍速く読めるようになる楽しい講座を修了しました。

あれから3ヶ月。
私には大きな大きな変化が、次から次へと訪れました。
この喜びをインディ先生にメールしたところ、メールマガジンで紹介されました!
インディ先生、ありがとうございます。

<10倍知識を得られる速読術!フォトリーディング>
http://www.adpentel.co.jp/merumaga.htm

私の身に起きた変化をご紹介しますと。。。
まず、集中講座の修了時に宣言した目標を達成できました。
私の目標は「情報セキュリティのWebサイトをつくる」というものでしたが、2月末に立ち上げることができました。
目標を紙に書いて宣言することの大切さと効果の大きさをはっきりと知ることができました。

★「Secuad(せきゅあど)_com -情報セキュリティアドミニストレータ合格サイト」
http://www.geocities.jp/secuadcom/

フォトリーディングも3ヶ月続けてきて、ようやく体になじんできて、ラクにできるようになった気がします。本1冊に近い分量の文書は毎日読めるようになりました。

マインドマップを書いて活性化することがアウトプットだと思っていたのですが、実はインプットだったんだ、ということに最近氣づきました。
つまり、本で氣になったキーワードを書き出してマインドマップという形でメモをすると、ただ読んだだけよりもはるかに理解・記憶できるようになるのです。

ラクに本1冊が30分で活性化できるようになってから、考え方や情報収集の仕方が変わり、自分の成長を肌で感じることができるようになりました。
特に、プラス思考と氣の出し方についての本を何度も活性化したので、考え方や普段の所作の変化が出てきています。
(氣の出し方については、藤平先生の「気の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める」という本がおすすめです)

他の速読の本をフォトリーディングしたり、速読が出来る人にお話をうかがう機会などもありましたが、どれも中身はフォトリーディングと共通していました。

・画像として右脳にインプットする。
・メモすることによって活性化する。
・読むスピードが速くなり、繰り返して読むことができ、理解が深まる。

この3ヶ月の間は、自分のフォトリーディングスキルに迷いが生じることもありましたが、やはり信じて毎日続けてよかったと思います。
ぜひ今後もフォトリーディングの再受講やワークショップに参加したいと考えています。

フォトリーディングに少しでも興味のある方は、このWebサイトを一度ご覧下さい。
少しずつ謎が解けます。
「フォトリーディング集中講座」
http://www.adpentel.co.jp/photoreading/

どんなものかを知りたい方は、メルマガ購読もおすすめします。
<10倍知識を得られる速読術!フォトリーディング>
http://www.adpentel.co.jp/merumaga.htm

文章が速く読めてすばやく理解できる生活。
速く読めたら、速く書けるようになりますよ。ほんとに。
とっても楽しいです。
posted by stress83 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス発散ブックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

Walk Don't Run

Walk Don't Run.
という英語があります。
和訳すると「急がば回れ」という意味です。

私はジョギングを始めてから、普段の生活でも走ればトレーニングになると思い
、駅の階段や職場の廊下をかけ足で走るように心掛けていました。

しかし、あるとき、職場の上司から「急ぐときほど走っちゃダメだ」とアドバイ
スをされました。
最初、その上司もジョギングをする人なので、なんでかなぁ??と思ってました

後で上司にあらためてそのわけを聞くと、
「以前、普段から廊下や階段を走るひとがいたんやけど、ある日、職場
の女の子とぶつかって怪我をさせてしまったんや。怪我をさせたひとは、かなり
責任を感じて、ずいぶん悩んでいた。歩いてたら、たいしたことにはならなかっ
たのにね。だから、絶対に走っちゃいかん。急ぐときほど、ゆっくり行くんや。
仕事でも、急ぐときほど着実にするのが一番早い。急がば回れ、ウォークドント
ランやで。」

この話を聞いてからは、廊下などを走らないよう心掛けるようになりました。
もし、ぶつかって怪我をさせてしまうと、走ることで短縮した時間をふいにする
だけでなく、まわりのひとに迷惑をかけてしまうことになります。
仕事でも、急ぐときほど的確にしないと、後で間違いを訂正するのに余計時間を
使ってしまいます。
やはり、急がば回れですね。

私の好きな曲で、ベンチャーズという古いグループの「Walk Don't Run」という
曲があります。エレキギターのカリスマ的グループで、60年代に活躍したグル
ープですが、今も世界ツアーをされている伝説のグループです。エレキの若大将
、加山雄三さんもベンチャーズに影響を受けてギターを始めたという逸話もある
ほどです。

急ぐとき、この曲を頭に浮かべて、敢えてゆっくり歩を進めていきたいと思いま
す。
posted by stress83 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(2) | ダイエットトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。